FC2ブログ

月曜お昼のワインレッスン5回目/2020

9月のワインレッスンは垂直テイスティング(同一生産者、同一ワインの異なるヴィンテージを比較試飲する事)でした。

2020091401.jpg

①AOCポイヤック 1999年 シャトー・ゴーダン(右)
②AOCポイヤック 1997年 シャトー・ゴーダン(左)

ぱっと見は同じような色合いで、どちらも20年を超えたワインですが・・・よーく見てみると、1997年の方がオレンジ色がかっていて、端が透明になっている。熟成が進んで飲み頃を思わせる。

99年は渋みも酸味もしっかりあって、力強くガツンとした印象。いかにもボルドーって感じでした。97年は2年しか違わないのに、渋みが溶け込んでシルキーな感じと先生は言っていたけど、私は薄くて物足りないって思ってしまった。ボルドーって言うよりブルゴーニュっぽい印象でした。(否、ブルゴーニュ大好きなんだけど)

年によってぶどうのポテンシャルがそもそも違うので、99年のワインが2年後に今の97年の様になるとは思えないそう。99年は果実香もあり、腐葉土、獣臭さなども感じたけど、97年は果実香はあまり感じられず、枯れ葉、腐葉土などの熟成香が中心で、スワリングをしたら逆に香りが飛んでしまった。同じワインだけどこうも違うんだっていう事、一期一会を感じました。

でも、ニューワールドのワインでは同じ品質の同じ味を目指して作っているので垂直テイスティングの面白さはあまり無い。作ろうとしているものの方向が違うから仕方ない事。いつでも同じ味のワインを飲める安定、安心感と一期一会。どちらがいいとは決められないね。

今回ワインに合わせたのは豆と牛肉とポルチーニの煮込み。

2020091402.jpg

ランチにいただいたのは自家製サルシッシャときのこのクリームソースのパスタ。

2020091403.jpg

ワインは99年が好きだったけど、97年のワインの方がお料理には合っていたかも・・・。

2020/09/14(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

金継で修復

2020090601.jpg

不注意で割ってしまった大沼さんの器を金継ぎで直していただきました。
接着剤でくっつけてしまった器もやり直していただき、新しい景色となりました。ここ数年の懸案事項が解決してとっても嬉しい。これからも大切に使っていこうと思います。

2020/09/06(日) | エトセトラ | トラックバック(0) | コメント(0)

煮干しヌードル 烏

地元の個性的ラーメン屋さんちくわの2号店が出来たというので行ってみました。

11:45頃について30分以上待ったかな・・・限定20食の‘のどぐろラーメン’を頂くことが出来ました。

2020090301.jpg

炙ったのどぐろが沢山のっていて、美味しく頂きました。でも、ちょっとだけ塩っぱかったかなー。

おしゃれなラーメン屋さんでした。

2020/09/03(木) | おでかけ-北総・千葉 | トラックバック(0) | コメント(0)

上棟~4ヶ月

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2020/08/31(月) | 家づくり | トラックバック(-) | コメント(-)

悲報 お米に・・・

今年の夏は異常なほど暑い!そのせいなのか・・・?

お米に虫が湧きました。 あぁ・・・。

日本人として本当に恥ずかしい事だけど、お米、捨てました。本当にごめんなさい。
(虫が湧いても食べられると言われたけど、ちょっと無理でした・・・)

引っ越し後は桐の米びつにしようか、ガラスの瓶に入れようか、と色々(楽しく)考えていたのにダンナにはペットボトルに入れろと言われる始末・・・泣

結局、ぬか漬けを作ろうと思って買ったけど全然作らないので乾物入れになっていた野田琺瑯のラウンドストッカーに入れて冷蔵庫にしまうことにしました。活躍できて意外に良かったのだけど、惜しいのがサイズ。一番小さいサイズなので3kgしか入らなくて5kg買うと余ってしまうのが微妙。もう1サイズ大きいのを買おうかどうしようか悩んでいるところ。冷蔵庫の野菜室に入るかなぁ?

2020/08/20(木) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

月曜お昼のワインレッスン4回目/2020

8月のワインレッスン。真夏だからすっきり白ワインかなーと思ったらフランス・サヴォア地方の紅白ワインがテーマでした。

あまり目立たないエリアで、ジュラ地方とまとめられがちだけど、近年人気のスイスに近く冷涼で、個性豊かなワインを作っている注目のエリアなのだそうです。

2020081702.jpg

白はアルテス(ルーセット)100%、すっきりとした酸味があって、遠くにはちみつがほんのり香るようなワインでした。好み~
赤はモンドゥーズ100%で、ガメイやマスカットベーリーAに似た軽くてチャーミングな感じ。合わせたのはサヴォアの名物料理タルティフレット。じゃがいもと玉ねぎとチーズのグラタン。正直、赤の方はあまり好きじゃなかったけど、タルティフレットと一緒だと嫌な感じがなくなってするする飲めて美味しいと思った。これが‘合う’って事なのかな。こういう組み合わせを沢山知りたい。

2020081701.jpg

今回も前菜の盛り合わせと一緒に。

①AOCルーセット・ド・サヴォア フランジー2018 ドメーヌ・リュバン
②AOCヴァン・ド・サヴォア サン・ジャン・ドゥ・ラ・ポルト2017 フィリップ・エ・シルヴァン・ラヴィエ

2020/08/17(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

上棟~114日

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2020/08/16(日) | 家づくり | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |  »