FC2ブログ

いつか願いは届く!

2010年4月24日マチネ「春のめざめ」

初日から2日目、3公演目の「春のめざめ」です。たった3回でこうまで違ってくるとは!と驚きました。初日のバラバラ感は薄れ、まとまりが出てきたことはもちろん、ちょっと違うかも、と思った上川メルヒオールと勝間イルゼもぐぐっと良くなっていました。この調子でがんばれがんばれー。

◇上川メルヒオール
上川メルヒで好きなシーンは「The Word of Your Body」。優しい雰囲気の漂う上川メルヒと幼馴染のベンドラが森の中で再会して、心が近付いていく様子がとても初々しくて、二人のドキドキ感がこちらにまで伝わってくる。森の中らしい緑色のライトもオレンジ色の夕焼け色のライトに変わるところもとっても綺麗で、「春のめざめ」の中では唯一と言っても良いほど平和な場面。ほんわかして大好き。こんなメルヒが1幕ラストであんな強引なことをしてしまうのがどうしてなのかよくわからない。。。

問題は上川くんのくりくりした目で睨みつけられてもあんまり様にならないというか、メルヒがしたであろう‘自嘲’を含んだ皮肉っぽい笑みがどうしても普通に楽しく笑っているように見えてしまう事だと思う。笑顔いっぱいの「Totally F・・・」は実際のところどうなの?逆に「My Junk」でテーアのラブラブアピールに笑顔で反応するところは超絶萌え~ですが。(笑)「Totally F・・・」の2番で「抜け出せたらいいのに~」のところは以前のリハ見で「額縁から出てくるようなイメージで」と言っていたと聞いているんだけど、上川くんは全くそう見えないのがなんともなんとも。メルヒの超見せ場なのにセンターでのポージングもまだまだ物足りない。スライディングも客席足掛けも、SS近寄りもない。(あ、上川メルヒの「俺っさー!!」は好き。)でも!初日と土曜日では表情がずいぶん改善されていたし、額縁からでるところも全然違うアプローチになっていたし、センターでの動きも迷いが無くなっていたので、これからどんどん変化すると思う!期待!!そして、さすが演技派の上川くん。ラストシーンは秀逸です。現実に絶望して死を選ぼうとしたところから思いとどまり生きようと決める、気持ちの変化、意志がはっきりと見えてとっても良いです。

◇勝間イルゼ
目が大きくて顔立ちはっきりの超美人さんだけど、影が無いし、スタイルがイルゼっぽくない・・・。(初演の2人が細身の長身だったからイメージがね・・・)まず、見た目でイメージが違ってさらにマルタ風味が残っているのがとっても残念。モリッツのお葬式でお花を入れるときにしゃがみこんで悲しんでいるのはちがーう!って思ってしまった。イルゼは現実に対してきりりと立ち向かい挑戦的でなければ。

モリッツと掛け合いのシーンはとっても良かった!モリッツが「どうせ自由にはなれない。羽根もない、空も飛べない」と叫ぶ時に、首をぶんぶん振るのです。違う!違う!そんなことない!という風に。モリッツだけでなくイルゼだって大きな絶望と悲しみを抱え家を飛び出したけど、けっして死のうとはしなかった。自殺してしまうモリッツと生きて行くイルゼの対比がもう本当に切なくて、苦しくて。ヒリヒリした痛みが伝わってきました。勝間イルゼのこのシーン大好きです。

前回も今回も開演ぎりぎりに劇場に到着したので、アンサンブルさんのカップル演技を見ていません。なかなか今回は設定が細かいそうなので、次回はちゃんと早めに劇場へ着いて見なくちゃ。

春のめざめ:2回目

2010/04/24(土) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/983-901bb708
 |  HOME  |