着付教室@6回目

約2週間ぶりの着付のお稽古でした。案の定、習ったことはすっかり忘れ去っていました。家で復習してみようと思った段階で既にわからなかったのでどうしようもありません

そんな状態だったので、先生に真顔で「何も覚えていない」と訴え、最初からもう一度教えてもらうことに。結局やってみても思いだせず、初めて聞いたよ!状態でした。嗚呼、先行き不安・・・。
この間まで先生も「卒業までには全員できるようになるから安心して!」と言っていたのに、「そろそろ焦らないとまずいわよ、家でも復習するように!」と変化が・・・。
来週から2週間は名古屋帯のお稽古だし、また袋帯の結び方忘れそうだなぁ。補正具作りのお稽古とか・・・いらないよ(ぼそっ)

今回はみんなすっかり忘れていたので(私だけじゃない!)スパルタな先生の言葉にグサグサと傷つけられ、全体的に無口で大人し~いレッスンでした。

お稽古の後、地下鉄の駅まで歩いていたら同じクラスの方に声をかけられお茶をして帰ることに。一緒にこの日のレッスンの復習をして頭の整理をしたのでちょっとわかってきたかも。

習っている二重太鼓の作り方は結ばない(でも緩まない)方法で、帯枕に帯揚げをかける方法とか魔法みたいに面白いのです。まずは手順を覚えなくちゃ話にならないけど、次のステップではおはしょりとか長さのコツとか、きれいに着るまでの道のりはまだまだ遠い・・・。

実は春めざの初日とお稽古が重なってしまい、非常に悩んでいます。振替もできるけど、それもキツくて。どうしようかなぁ。

2010/04/01(木) | お稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/966-f6c07c7c
 |  HOME  |