FC2ブログ

神様のカルテ

神様のカルテ神様のカルテ
(2009/08/27)
夏川 草介

商品詳細を見る


新聞の書評を読んでその日のうちに買いに行った本です。
長野県松本市の病院で働く現役のお医者様が自らの体験を踏まえて書いた作品。色々な意味ですごく私が読みたくなりそうな本なのですよ。(笑)

漱石調な語り口で超個性的で変わり者だけどまっすぐで純粋なお医者さま、栗原一止(イチさん)が主人公。イチさんが働く松本の総合病院での出来事に、新婚の奥様(ハル)と暮らす下宿での生活、そこに集う個性的なお友達(学士殿、男爵)のお話を織り交ぜ物語は展開していきます。

イチさんは地方の救急も受け入れるそこそこ大きな総合病院で毎日毎日本当に忙しく働いているのだけれど、患者さんに対する向き合い方、接し方、がとても素晴らしいと思えるのです。実在の人物としてこんなお医者さまがいるんだ~と思いながら読みました。

病気になるという事はその人の運命として避けられないことで、自分では知らないだけでDNAに刻み込まれ既に決まっている事だと私は思っているのだけど、だからこそ、お医者さまは病気を治すだけの存在ではなく、例え治らなかったとしてもどれだけ患者のことを考え、心のこもった医療を施してくれるかが大切だと思うのです。この先生に診てもらえて良かったと後々思えるような、全ての結果を納得して受け入れることができるような。そんなお医者さまと出会えたら幸せだと思う。なかなかいないけど!私がもし病気になったら、機械的で研究の一つにされちゃう様な最新医療より、アナログでも心のこもった治療を受けたいと切に願います。もちろん、実際の医療現場で一人一人の患者に物語のように踏み込んで治療をすることは不可能なのかもしれないけど。

印象的だったのは、同じ下宿に暮らす友人の学士殿が自殺未遂の果てに志半ばで故郷に帰ることになった時、売れない画家の男爵が薄汚れた廊下の壁いっぱいに桜の絵を描き‘門出には桜が似合うだろう?’って送り出すシーン。雪の中、「バンザイ!」と叫びながら傷心の友を送る様子が目に浮かぶようです。

温かな優しい涙があふれる物語でした。

2010/02/02(火) | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/928-5ee7fdc2
 |  HOME  |