FC2ブログ

アイーダ東京公演開幕!!

10年1月16日マチネ「アイーダ」

aidabear.jpg

大阪で初演を迎え、京都→福岡→名古屋と回った「アイーダ」がやっと東京で開幕しました!!(意地悪言ってすいません・・・)
濱田アイーダ&阿久津ラダメスのオリジナルコンビに東京公演でデビューの光川アムネリス、田中ゾーザーだなんてあっちもこっちも楽しみ☆
待っていたよ~「アイーダ」!!

大阪・京都の頃の濱田アイーダはひとり別世界なくらい圧倒的な存在感で逆に周囲から浮いているような気がして、素晴らしいけど調和が取れていなくて残念だなぁ、と思ったりしていました。(贅沢言ってすいません・・・)
でも、今回久しぶりに見た舞台ではそんな違和感は無く、阿久津ラダメスも濱田アイーダに全く負けない存在感でとっても見ごたえあり。トニー@WSS以来、阿久津さんがすっごく良くなったと思う!うっかり惚れてしまいそう。

ラダメスは本来戦いや略奪より‘見知らぬ世界を知ること’が好きなんだろうなと思う。だからアイーダがお城を抜け出した気持ちにも共感を覚えたはず。そんな小さな共感の積み重ねがラダメスがアイーダに魅かれていった理由なのだと思う。阿久津ラダメスからアイーダに魅かれる自分に戸惑いながらも、優しさや思いやりの気持ちがどんどん大きくなっていくのがストレートに伝わってきます。

なのに・・・ヌビア王を捕まえたという報告を聞いて喜んでしまうなんて!!それもエジプトの将軍としての本音なのだけど、あぁぁ・・・とどうにもならないことのもどかしさに息苦しくなります。また、ラダメスがアイーダを好きだと自覚してから自分の行いを反省し、財産を全て投げ打つ様子を見て、ラダメスが王宮に入る決心をしたと勘違いするアムネリスが切なすぎる。

「アイーダ」では登場人物それぞれの気持ちが交錯して心がぎゅうっとなります。見ていて苦しいけど、そこが良いんだよね~やっぱり大好きだわ・・・「アイーダ」。
なかなかスイッチが入らなかったけど、せっかく近くでやっているのだからもう少しマメに見に行かなくちゃ!と思ったのでした。

あら・・・チケット販売延期って・・・まさか、終わっちゃうわけじゃ・・・ない、よね・・・?

<海:1回目>

初見キャストなどを少し

◆田中ゾーザー
デビューおめでとうございます~風の噂でゾーザーをやりたいって聞いていたので、ザズでデビューされた時はゾーザーはまだまだなのかと思っていました。こんなに早く拝見できるなんて嬉しいな。

ヌビア遠征から戻ったラダメスを迎えるところでは優しいパパになっちゃって、ゾーザーの威厳が全く感じられませんでした。でも「ピラミッドを建てよう」ではところどころダンスも入ってかっこいいじゃないですか!落ち着いたイメージの役者さんだけど、実はダンス上手なんですよね。歌のアレンジも個性的で好きです。もう少し悪人面がサマになるととっても良いゾーザーになると思う!

◆光川アムネリス
こちらも好みです。「愛の物語」と「勝利ほほえむ」の切り替えも裏声にならないのでカッコ良いです!アムネリスは最初はわがままたっぷりで高慢ちきなお姫様であって欲しいのだけど、声楽調ではない歌い方が私のイメージするアムネに合っていると思いました。アイーダを友人として信頼していることがとても良く伝わってきて、その分ラストの展開が辛い。あとはもう少し体にお肉をつけて(細すぎる~)、さらに弾けてくれると尚良いのですが・・・。

2010/01/28(木) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/919-7c54bbb7
 |  HOME  |