【総括】Spring Awakening

10年1月9日マチネ「Spring Awakening」(韓国版)1-2-センター
10年1月9日ソワレ「Spring Awakening」(韓国版)SSL-3
10年1月10日ソワレ「Spring Awakening」(韓国版・千秋楽)1-5-上手

CA393958.jpg

韓国版「春のめざめ」を3回見てきました。上手い具合にセンターど真ん中、上手、下手(ステージシート)とバランス良く見ることができ思い残すことはありません。満足。

メルヒオール役のチュウォンくんはカッキー似の丸顔童顔のかわいいお顔で、体格はなかなかがっちり立派な男の子でした。また、ベンドラ役はシングルで頑張りぬいたユヨンさん。もう最高に素敵なベンドラでした。小さくて細くて折れそうな体で、体当たりの演技。ベンドラのイメージぴったり!です。モリッツ役のチョ・ジョンソクくんは四季版のサンウン-モリッツと雰囲気が似ています。もしかして、ここ相談した?影響受けてる?と思うような部分も有り。二人ともお友達らしいけど、そんなことある?

韓国版「オペラ座の怪人」でも思ったけど、激しい感情表現(とにかく皆、泣く!叫ぶ!)は韓国のお国柄なのですね~最初は戸惑ったけど、そういうものだと思ったら日本との違いが面白いと思えました。韓国ではこういう表現が受け入れられるけど、オリジナルとは明らかに違う、という部分について作品を統括している本家は世界中の違いを見比べて、どんな風に思うんだろう?とか考えながら見ていました。

韓国では客層も本来狙ったであろう若年層に浸透している印象。韓国の方が儒教の影響で性などには厳格なのかと思いきや・・・結構オープンなのかな?日本版の方が全然控えめでしたよ。例えば、ベンドラママが「子供を授かるには全身全霊で夫を愛するの!」と説明するときの手の動きが都築ママよりさらにさらに大胆だったり。(中野ママはそんなことやってさえいなかったはず)

そんな激しく熱い国民性なので、客席もすごいのかと思ったけどこちらは意外と普通。それでも体罰に悲鳴が漏れたり、モリッツの自殺では息を飲んだり、日本よりはずっと反応はあったけど。9日ソワレにステージシートから見ていたら2階上手サイド最前列を陣取った女子数人がカテコの「Totally F・・・」で踊りだしました!(韓国版のカテコでは四季の千秋楽の時の様な「Totally F・・・」のリプライズがあります。)客席全体がこういうの想像していました(笑)←願望。

本当に妄想だけど、カッキーメルヒ&ユヨンベンドラで見たい!!

2010/01/13(水) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/908-9a296607
 |  HOME  |