DOOSAN ART CENTER

DOOSAN ART CENTER」は韓国の建設会社「ドーサン社」が運営する劇場、ギャラリー、カフェなどを併設する施設で(たぶん)、その中の「YONKANG HALL」で韓国版「春のめざめ」が公演されていました。地下鉄1号線「鐘路5街(チョンノオガ)」からほど近く、アートと名前にある通りとってもスタイリッシュな空間でした。

CA393927.jpg CA393942.jpg

建物正面に黄色が印象的なカフェがあります。何度か利用しましたが、なかなか美味しいカフェオレがいただけましたよ。主役のメルヒオール役のチュウォンくんのファンクラブのお茶会なんてのもこのカフェで開かれているんですって!

さて、どこから入るんだろう~とおそるおそる建物の中に入ると・・・。

案内図。
CA393946.jpg CA393947.jpg

そして・・・印象的なオブジェが目に飛び込んできました!中国の有名な作家さんの作品なのだそうです。

CA393930.jpg

近くで見ると満面の笑顔!!

さらに、進むと既にチケットボックスには行列ができていました。当日券狙いじゃなくて良かった~

CA394015.jpg CA393932.jpg

しかーし!私がウロウロしている間にキャストのサイン入りCDやTシャツのプレゼントがあったらしく、皆が手に持って見せっこしていました。まさか、これをもらった日本人がいたなんて・・・羨ましすぎ(笑)いいなぁ。

おトイレのマークがテーアとモリッツにしか見えません!

CA393931.jpg CA393950.jpg


表示が見る角度によって動いているように見えるんですよ~かわいいっ。

CA393936.jpg CA393937.jpg


また、劇場の入口にはメルヒオールになりきって写真が撮れる機械がありました。

CA393948.jpg

おもしろーい!でも、合成写真を撮ってそれからどうするのかよくわからず。笑っておしまい?

さて、劇場の入り口のドアが開きました。
でも・・・チケットもぎりの係の人がいません。気にせずずかずか入っていくと・・・

   CA393949.jpgCA393951.jpgCA393957.jpg

劇場内のベンチの至る所で巨大なクマのぬいぐるみがお出迎えしてくれます。SAのTシャツを着ていたりスタッフカードを下げていたり。もふもふしてかわいいよー。
あ、チケットは客席内に入る時にドアに立っている係の人に見せます。ちなみにどこの劇場でもそうみたい。差し入れもここで預けます。カメラについてはかなり厳しく、コインロッカーに入れるように言われます。

この赤い人がステージシートの集合場所です。

CA393960.jpg

四季とは違い、ステージシートに座る人はこの赤い人の前に集まり、チケットをチェックされて、1列に並んで入場します。アンサンブルさんもさりげなく並んでいます。また、服装についての注意も全くなく、みんな上着まで着こんで舞台に上がっていたので私もお財布やパスポートなどはダウンのポケットに忍ばせて着席しました。取りあえず、荷物はコインロッカー(100w・後で戻ってくる)に入れて手ぶらにはなっていたけど、どこにそういった注意が書いてあったのか全く不明。事前の情報収集でなんとかこなしたという感じ。ふぅ~。

着席すると足元はかなりゆとりが有り、舞台も低く、段差もちゃんとあってとっても感じの良い劇場でした。ちょっと間口が広いみたいで、ステージシートRの後ろに隠れているバイオリン等の奏者はしっかり見えるし、ろくぼくの後ろで待機するキャストも丸見えでした。

「Spring Awakening」の大きな看板がかかるホール。かっこいいっ!!

CA393953.jpg

2010/01/12(火) | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

poca

うわぁぁ~オシャレな劇場ですね。
くまさんはカワイイ(^^)し、モノクロ写真はカッコイイ!

四季ver.はどんな感じになるのでしょう…?

2010/01/14(木) 00:21:05 | URL | [ 編集]

BOIS

>poca様

そうなんですよ~最初からSAの為の劇場かっていうほどSAの雰囲気にぴったりでとっても素敵でしたよ。

四季版もますます楽しみになりました~わくわく。

2010/01/14(木) 22:18:03 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/907-b9affb31
 |  HOME  |