FC2ブログ

壁抜け男、と・・・

なんと3日連続の観劇です。

今日は「壁抜け男」へ行ってきました。自由劇場は敷居が高くてなかなか行くことができないのだけど、千秋楽までにもう一回「壁抜け男」が観たいな~と思っていたところ、「最前列のチケットがありますが、如何ですか?」というお誘いがっ!今からチケットを取っても取れるのは2階席。同じ値段を払うならどうですか~とありがたいお声をかけていただいて。それはもう行くでしょう!

という訳で行ってきました。
なんか癒されたい気分の今日この頃。メランコリックな秋にぴったりの作品。「ACL」とも「キャッツ」とも全く違う空気感。2日間の高揚した気分や猫チケット取り戦線の疲れを癒すのにぴったりな作品。良かった。3日目で。

自由劇場は小さな劇場なので一番後ろでも全く問題なく舞台が楽しめます。でも、やっぱり最前列!違うんですよっ。びっくりした~もう本当に手を伸ばせば届きそうなところで役者さんが歌って、踊って、演じている。セリフにならない口の動き、ちょっとした視線の動きまで見える!(りささんの睫毛の影まで見えました)感動~感激~

もう最初から顔が自然とにこにこしちゃう舞台なんだけど・・・最後、壁から抜けられなくなったデュティユルが「もう何もできなくなったけど、みんなの役に立っただろう?」と歌うところが哀しくて。やっぱりハッピーエンドじゃないのかなぁ?(前回は無理矢理ハッピーにもっていったけど、無理があったか。)難しい作品ですね。でも理屈ではなく、とても素敵な作品です。大好きになりました。

2幕冒頭は画家、娼婦、新聞売りが客席から登場して舞台が始まります。目の前に新聞売りの有賀さん。視線と笑顔をいただきました~。ノックアウトです、私。(勘違い?)新聞売りがいきなりアナウンサーになってしまうなんてなんで?と思っていたのだけど、それもデュティユルのおかげでステップアップできた、という事なんですね。ちょっとすっきり。

10月頭に観た時よりもさらにカンパニーがまとまって進化していました。

●石丸デュティユル
本当にはまり役ですね~。これは石丸さん以外では見たくないかも。(北澤さんはちょっぴり見たい)カテコで幕が開くたびに石丸さんが‘わぁ!’(お客さんがこんなに拍手してくれている!嬉しいなぁ)という表情をされます。毎度毎度なのでそういう演技なのでしょうけど、単純に嬉しいです。その顔を見ると一生懸命拍手してしまいます。

●井上さん(乞食/看守2/裁判長)
キャラの立った共演者の中では控えめな感じでイマイチ存在感が薄いと思っていたのだけど、すごーく良くなったなぁと感じました。目が無くなってしまうようなニコニコ笑顔がとても印象的でした。井上さんらしさが作品の味によく合っていたと思います。

●渋谷画家
援助交際40年と歌う丹娼婦にキッスする渋谷画家。セクシーでした。非常にフランスっぽい雰囲気を醸し出していました。

●丹娼婦
怪しい薬(?)を運んできた時、煙に咽そうになりました。匂いもすごかった!

●寺田さん(デュブール医師/警官2/弁護士)
相変わらずお上手!なんだけどやっぱりデューブル医師が絶品に面白い。そしてヤブ医者っぽいけど実はかなりみるとこみてるお医者さまですね。

今週でおしまいかぁ。。。もう行けないけど、寂しいなぁ。

kabepost.jpg

これが噂の黄色いポスト(デュティユルが郵政省の役人なのにちなんで。)

「壁抜け男」に出発する前は「キャッツ」チケット取り戦線に参戦です。
あえて何時に起きたかは言いませんが、起きてから発売が開始されるまでの間に‘抹茶と小豆のパウンドケーキ’(今週かなり作った)と‘さつまいもケーキ’と‘塩バタークッキー’を作りました。パソコンをつないで、計量しては更新、混ぜては更新・・・とPC管理をしつつとても有意義な時間を過ごしました。(爆)

teacake01.jpg teacake06.jpg

抹茶のケーキはこんな感じ。これ、お友達に配りまくりました・・・。みんな食べてくれたかな?

で、チケ取りの結果はまずまず・・・かな。
希望日の希望席と、回転最前センターも取れました。午前中は3公演取っておしまい。帰ってきてからまだ残っていたC席を追加しちゃった。行けるのかな、本当に。今回は枚数は少ないくせにけっこう散財です。。。ああ、どーしようー。

「キャッツ」の新CM見ましたか?

ミスト版に涼太スキンブル登場っ!!

(ジェニ版は気がつかなかった) 録画できますように。

2006/11/12(日) | 四季-レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |