今、人生スタート

09年12月27日マチネ「コーラスライン」

うわっ、びっくりした。予想だにしなかったザック席でした。(もっと前だと思っていた)
深水ザックの美声がすぐ横から聞こえてくる~ちょっと緊張した!最後の最後のセリフの時席にいなくて・・・テープかい!とわかっちゃってちょっと残念。最後の「One」のキラキラ衣装の準備しなくちゃだもんねー。

前回は秋劇場だったけど、(前々回は自由)「コーラスライン」は自由劇場がやっぱり合う。小じんまりした劇場の方がACLの世界に入り込みやすい気がする。
お正月に子供と見に行きたいという友達を阻止してしまったけど、案外大丈夫だったかも・・・?下ネタ部分を子供に聞かせるのどーかなと思ったけどそれ以上の何かを感じられる舞台だったから。

とは言え、特にずば抜けて印象的な人もいなくて、皆さんバランス良くまとまっていたと思います。ある意味、すごく今の四季らしい舞台でした。谷口マギー、恒川ジュディー、三雲マークが見られなかったことが非常に残念でした。
(くぅー、今週から三雲マーク復活とは・・・。)

坂田キャシーの「自分がしたいことを人に教えるなんてまっぴら!」というセリフがとても印象的でした。コーラス(群舞)で良いから舞台に立ちたい!という気持ちが坂田さんからひしひしと伝わってきて。一時四季の舞台から離れていた坂田さんのリアルな気持ちなんだよね、きっと。深水ザックはキャシーをすごく愛していたんだなぁと感じるザックでした。演出(仕事)に夢中で、恋人を顧みることができなかった不器用なザック。でも、とても優しくて良い人なんだと思う。私なら離れないけどね。深水ザック、人間らしくて好きだな~ダンスは必死について行く感アリアリだったけど(笑)。

それにしても、石塚ヴァルのプロポーションは魔法使いにかかったとしか思えない!
その対極な感じの子がファーストにいましたが・・・別の意味で目が釘付けになっちゃった。優雅なバレエは良いんだけどすごく場違いな感じで。演出的に(落ち組みだから)ぴったりってことなのかしら?

終演後は新宿に移動して笹塚で別の舞台を見ていた友人と合流。急に呼び出してごめんなさい!たっぷりヲタク話(笑)ができて楽しかったです~

大阪を偲び、ルミネ1の「R◎ll Madu」で。

CA393843.jpg

2009/12/29(火) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/895-c353d4dc
 |  HOME  |