むきゅー、まだ前編!

仕事帰りにさくっと「のだめカンタービレ最終楽章 前編」を見てきました。
新宿マルイの「ル・プチメック東京」でパンと映画館で豆乳入りカフェオレを買い万全の態勢で鑑賞。(京都の「ル・プチメック」がいつの間にか東京に進出してた・・・。ここも拡大路線なのか~確かに美味しいけどなんか残念な気もする。)

いつもながら、のだめは原作のイメージを壊さないから好き。
今回のお話は千秋先輩が中心で、のだめの演奏はあまりない。もっとのだめのピアノが聞きたかったな。(後編に期待!)フランクとターニャがのだめのカレーを食べてお腹を壊すところ(黒木くんさすが賢明です。)とか千秋先輩とのだめが初共演!?のシーンとか爆笑ものの面白さなんだけど、最後はホント切なくて。切なくて。

どうして千秋先輩はバッハのあの曲を選んだのだろう?この仕打ちはのだめには辛いね・・・。そして、千秋先輩はめちゃくちゃストイックだ。。。

このままでは駄目だということは認めたくないけど、のだめにもはっきりとわかっていたはず。そして千秋先輩もそう思っていたとは。後編では2人はこの試練を乗り越えていくのだろうとは思うけど、頑張れのだめ。頑張れ千秋。早く後編が見たい・・・
4月・・・遠いなぁ。

それにしても玉木宏サン、すごく痩せちゃって細すぎる!そして北澤さんにますますそっくり!途中、北澤さんを見ているような錯覚が・・・。指揮はすごく様になってきた!演奏シーンではさりげなく音楽の解説が入るので勉強になるというか、わかりやすくて良いですね。堅苦しいと思っていたクラッシック音楽がとても身近に感じられて、音楽ってこんなに楽しかったんだ!と伝わってくる。やっぱりのだめ、好きだわ~

のだめの紺色のワンピースに黄色のブーケが良く合って素敵!

原作、大人買いしちゃおうかなぁ・・・。

2009/12/22(火) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/891-59cd389d
 |  HOME  |