FC2ブログ

炉開き

何年ぶりになるのだろう・・・?
本当にご無沙汰しまくりだった茶道のお稽古を復活しました。

社中のお弟子さんたちもそれぞれ忙しいらしく、のんびり月1回位のペースで皆さん楽しんでいるという事なので、私もマイペースで。先生からも自分の為にお茶をすれば良い、と言っていただいたので気楽に楽しむ事にします。

CA393614.jpg CA393615.jpg

さて、11月(旧暦10月=亥の月)は炉開きです。
今日は10世家元好みの琵琶を模った琵琶棚のお手前でした。炉開きは茶人の正月と言われる程大切な行事で、この日に5月に摘んで寝かせておいた新茶を開けます。(口切り)今日のお床にもちゃんと茶壷が飾られていました。(↑お床の画像の左奥にあるのが茶壷)そんな大切な日にお茶のお稽古を再開したのもなんだか感慨深いです。

炉開きは亥の月に行うので‘亥の子餅’をいただくのがお約束です。主菓子で口の中を甘くして、まずはお濃茶。久しぶりのお濃茶は濃厚でまったりと口の中に広がって苦みの中に甘みを感じて美味しかった!
2席目はお薄。今日のお干菓子はしっとりとした桂皮(シナモン)風味の生落雁(初めて食べた!)と宇治のお土産の中村藤吉本店の兎のお菓子。とってもかわいい!(兎道(ウジ)が宇治(ウジ)となったそうで、宇治と兎は縁が深いのだそうです。)
お濃茶の後のお薄はさっぱりして、これまた美味しかった!お釜がシュンシュンいう音(松風の音)も心地よく。

今日はお客様役だけだったので次回はお手前がしたいなぁ~。意外と覚えていそうだったし!(よしよし。)

CA393619.jpg CA393620.jpg
(もらって帰ったお菓子を家で撮影)

CA393616.jpg

私が久しぶりに来る、という事で社中の皆さんも今日に合わせて来て下さって、お稽古の後はみんなでご飯。わぁ、楽しい!

先生のリクエストでデザートにタルト・ブルダルーを焼いて行きました。

CA393613.jpg

今回のタルトは洋梨の形がハートになっているのがポイント☆
(見えるかな?)

2009/11/28(土) | その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/871-65fbfd6f
 |  HOME  |