FC2ブログ

言葉にならない痛みと悲しみ

09年11月10日ソワレ「レ・ミゼラブル」

今期初&ラストのレミゼへ行ってきました。当初の予定より整理して厳選したこの日の公演。注目は玲奈エポに沙也加コゼのリアル仲好しコンビ。この組合せ2回しかなかったんだって。チケットを取ったのずいぶん前だし、当日は慌てていて他のキャストを全くチェックせずに席へ。

あーれー肝心のバルジャンからして誰かわからない~誰!これは誰?もしかすると山口バルジャン以外のバルジャンを見るの初めてだったかも!答えは橋本バルジャンでした。なんか、橋本さんのイメージと違う・・・だって真面目だし。(すいません、基準がサイゴンなもので・・・)バルジャンにしては若いなぁという印象。でもってジャベールは今さんでした。ジャベールが自分の正義が崩れたことで自殺してしまうとは!最近の私はそういう‘自分の正義’を貫くことなく、あいまいに許して受け入れてしまってる、なんて思ったり。

それにしても「Les Miserables」とはうまいタイトルをつけたもんだ、と感心してしまう。全てが皮肉に空回りしていて切な苦しすぎて・・・泣けた・・・。物語も壮大で、何もかも見逃さず気持ちを入れて見ようと思って非常に疲れてしまった。

1幕はマイクの音量が小さかったようで、誰もかれも声量なくて歌がイマイチに聞こえて。今日はハズレの日?と思ったけど、2幕は気にならなくなったので良かった。
リトル・コゼットの飯田汐音ちゃん、歌が上手ですごーく良かったです。「雲の上のお城」の歌で泣けた~子役のレベルが高いね!(ここまでで一番歌上手いのリトルコゼットじゃん!と思っていた。)
玲奈ちゃんのエポニーヌもとっても良かった。はすっぱで強がっている感じが合っている!(誉めてます。)がさつで大胆な動作と必死で一途なところがとっても健気でかわいいエポニーヌでした。泉見マリウスもやっぱりきらきらしてステキ。コゼットへの想いとは違う気持ちでエポニーヌのことを大切に思っていることが伝わってきて、そういうことってあるかも、と思えた。前回はマリウス許せん!だったのでちょっと印象が変わったかも。山崎ファンテーヌもほっそくて儚げで、必死に生きている感じが胸を打ちました。ファンテの死の場面で早々に号泣。

バルジャンが‘コゼットのために’マリウスを必死で助ける姿に打たれ、一方、仲間がみんな死んでしまい一人残されるマリウスも哀しい。それでも生きている事をバルジャンに感謝する姿にほっとしたり。(自分も死ぬ!って言いださなくて良かったな、と。)革命というか、暴動扱いになっているこの学生たちの蜂起。結局エポニーヌの死も何もかも無駄だったってことだよね?‘何か’を残せればそれで良いのか?
この全編通して漂うどうにもならない無情な空気が胸を締め付けます。

期待していた沙也加ちゃんは・・・うぅーん。3重唱とかはかなり厳しいかも。かわいくてストレートヘアも清楚で良かったけど。カテコではマリウスとではなく、玲奈ちゃんと手をつないでいたのになごみました。これが見たかったんだ~と満足。でも、カテコを見に来たのではないので!

カテコのラスト、橋本バルジャンと今ジャベがにらみ合って・・・・・・

抱擁!!

には笑った。

2009/11/13(金) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ゆぴ

橋本バルジャン。今日観る予定だったんです・・・
でもなぜかうっかり手帳に書きそびれていて(携帯のスケジュールには入っていたのだけれど)、「11月14日ってなんかあった日だよなぁ・・・」とうっすら思っていたのですが、まさか手持ちチケ日だったとは!出勤しなくていい土曜日だったのに、ふつうに出勤してしまいました。は!と気づいた時には時すでに遅し。しかもマチネ。わたしのレミゼが・・・(号泣)
BOISさんの記事で脳内補完します。ちょ、泣いても泣ききれないです(涙)

2009/11/14(土) 22:59:20 | URL | [ 編集]

BOIS

>ゆぴ様

あ~れ~!!やってしまいましたね!どんだけ仕事好きなんですかぁ。
私も同じ日のチケットをダブルで取ってしまったり、チケットを持たずに出かけてしまったり、ということはありますが・・・。
今回は残念過ぎですが・・・元気出して下さいね!

2009/11/15(日) 16:40:29 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/862-faabe0c1
 |  HOME  |