パンはスープのそばにいます。

09年11月1日マチネ「ドリーミング」

久しぶりの四季劇場で初、「ドリーミング」。
劇場入り口には何やら親子セミナーの受付が出ていて、‘親子’じゃ、関係ないわ~と思っていたら別に一人でも参加できたんですって。事前に申し込みが必要だったらしいけど、せっかくの日曜日のイベントだったのにと思うとちょっぴり残念。誰が出てきたのかなぁ~アルプや公式のチェックも全然していなくてすっかり浦島状態です。

さて、「ドリーミング」ですが、「青い鳥」を事前に読んでいたのでちゃんとついていけました。見事に物語通りの演出で、そのことに感激でした。幸せの象徴のようなイメージの‘青い鳥’だけど、物語はちょっと怖いくらいで。内容も哲学的でけっしてハッピーな物語じゃない。

疑問点は二つ。
①何故、旅の終りに精たちは死ななくちゃならないのか?
しかも、死んでないよね?「さようなら」の歌でも‘もうお話はできないけど、私たちはあなたの周りで生きている’って言ってるし。矛盾!?死んじゃうなんて言われたらチレットじゃなくても、青い鳥を探しになんて行きたくないと思うよ・・・。(私、何か見落としている?)

②最後に青い鳥が飛んで行ってしまうのは何故か?
青い鳥なんていなくても幸せは自分の気持ちの持ち様ということかな、って思ったのだけどチルチルの口ぶりから考えると(隣の娘に「また捕まえるよ」という大徳チルチル、いきなり大人びてすっごく男らしい!)‘幸せは失ってもまた見つけることができる’という感じ?ここが物語の一番のポイントなのだろうけど、本の方がその意味を自由に考えられる気がする。

鳥かごから出た青い鳥が下手にびゅんっと(すごいスピードで)飛んでいくけど、イメージは客席に向かって飛んできて欲しかったなぁ。

舞台を見て、特にお気に入りは岸本ミチル。超超超~かわいい!光川さんのベリリューヌもすごく良かった。綺麗な姿になってからも言葉づかいが妖婆なのが可笑しい!醜い姿に見えるけど本当の姿は・・・「美女と野獣」の魔法使いと同じ展開。笑うシーンは少ないけど、田中チローはきっちり笑いをとっていました。従順なんだけど、ちょっとヘタレな忠犬が良かったです。アンサンブルも多くて豪華。森のシーンでくるくる回っていたのは文永さんでしょうか?すごいっ!森の怒りのシーンはホントに大迫力でした。森の冒頭のセリフは加藤くんかな?声がそんな気がしました。そこしかわからなかったけど。(あと、カテコのパフェ?)C席だったので夜の女王の姿が全く見れずストレスがっ。白木さん、カテコで夜の女王の衣装で出てきてくれて良かった。ちょっと満足。期待の白瀬パンは相変わらず良いキャラと美声だったけど物語の設定には若すぎるのが残念でした。火と水がしょっちゅう喧嘩してるのも面白かった。そして牛乳はあまりにも存在感が無かった気が。

青い鳥 (講談社 青い鳥文庫)青い鳥 (講談社 青い鳥文庫)
(1993/02/18)
モーリス メーテルリンク

商品詳細を見る


未来の国の子供たちが何かを持っていかないと生まれることができない・・・というのが切なくて切なくて。才能だったり発明だったら良いけど、病気を持っていく子供とか悲しすぎる。チルチルとミチルの弟とか。。。

でも、例えば現実に私は元気だけど、病気で苦しんでいる人は大勢いるわけで、その違いはなんだろう?と考えた時に「生まれる前から決まっていたこと」だと思うと、少しだけ納得(=諦め)できたりもする・・・。

2009/11/05(木) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

福山

はじめまして
ブログにこめんとされていたので書き込ませてください。

このお店のことで困っています。
ラベイユ(フレンチ・市ヶ谷)
http://kagurazaka.seesaa.net/article/41363786.html
住所:千代田区九段南3-8-2 ライオンズマンション1F
電話:03-3230-2580


写真でわかると思いますが、
路上に店頭にいすと看板を置いて通行の邪魔になっているんです。

いつも歩道いっぱいにふさいでいます。


写真右手にあるごみ置き場に行くのにほんとうにじゃまです。
この店の前のテナントはこんな非常識なことをしてなかったんですけどね。 撤去するようにお願いしても完全無視なんです。

お店選びもこういうことも考えてもらえないでしょうか。

よろしくお願いします。

2009/11/07(土) 12:25:43 | URL | [ 編集]

ゆぴ

「死ぬ」というより「元の姿に戻る」という感じですよね。わたしは勝手にそうとらえていたので、やはり「死ぬ」という表現に違和感がありました。
あちらこちらで、「何か見落としてる?」と思うことがあって、童話はやはり奥が深いな・・・とそこであきらめてしまった(笑)

森の冒頭は加藤くんです。いい声ですね!森の冒頭の台詞はすっかり忘れてしまって、どうしても「俺らを虫けらのように扱う」的印象になってしまう・・・めざめチームの刷り込みは強烈です^^

2009/11/07(土) 13:14:53 | URL | [ 編集]

BOIS

>福山様
コメントありがとうございます。
初めて行ったお店なので、そこまで気がつきませんでした。近所にお住まいの方には色々あるんですね。お店の方も誠意のある対応をして下さると良いですね。

出来れば、該当記事にコメント下さると嬉しいです☆

2009/11/07(土) 21:09:22 | URL | [ 編集]

BOIS

>ゆぴ様

そうなんです、何も「死ぬ」なんて表現を使わなくても良いですよね~。でも本の「青い鳥」でも同じなんです。童話って奥が深くて解釈の幅も広くてホント難しいですね~

春めざメンバー、加藤くんに玉井くんもいたんですよね。林さんなんてベンドラの面影、全くナシ。みなさんさすが、役者ですね!

2009/11/07(土) 21:14:42 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/857-36d2e4c1
 |  HOME  |