FC2ブログ

大人の遠足

「海の家でプライベートなお菓子レッスンをやります。」とお誘いいただいて行ってきました。ずっと行きたかったcoboさんのこだわりの海の家。やっと訪問させていただくことができました。

みんなでお弁当を手に電車に乗り込み秋の海へ向かいます。イメージはボックス型の座席に座っておしゃべりしながらお弁当を食べて・・・あれれ?この電車いたって普通に横に座席が並んでいるんですけど。そのうち空くよね、なんて言ってたのに・・・あれれ?混んでる混んでる。そんな訳でお弁当は食べられなかったのだけどおしゃべりしていたらあっという間に到着。

31720090.jpg 31720089.jpg

初めておじゃまする海の家。リビングの前面に広がるグレーの海。東京からたった数時間で今、ここにいるなんて不思議な気分。coboさんのおうちにはいつもみんなで言っているんだけど‘時間泥棒’が住んでいる。とっても居心地が良くて気がつくとあっという間に時間が経っている・・・。快適な時間と空間を提供してくれるcoboさん、それは彼女のお人柄が大きいと思うのだけどそのルーツがパパであるという事も今回よぉーくわかりました。懐が大きくて世話好きであったかいパパさん、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。

31720038.jpg

と、言うのも今回のスペシャルイベント!シークレットお菓子講座にはパパさんのご尽力のおかげで超有名イケメンパティシエの安食シェフが講師に来て下さったのです~。テーマは「基本のスポンジを極める」という事でハート型のイチゴを飾ったとってもかわいいショートケーキを作りました。(安食シェフってば乙女心のくすぐり方、とてもお上手です!)

31720083.jpg 31720082.jpg

シンプルなスポンジケーキを作るのに想像以上に奥深い話を熱く熱く語って下さったシェフ。レシピの説明を始めて卵を割るまでに1時間。これが素晴らしく実のあるお話でとっても勉強になりました。基本レシピを知ることで自分の作りたい味が作れる様になる、とおっしゃるシェフ。たくさんの例を挙げてお話して下さいましたが‘レシピを知る’とひと言で言ってもそれは単純に配合を覚えるだけではダメなのです。その素材がどういう役割をしているか、何故この量が必要か?そこまでわかって初めて自分の作りたい味を作ることができると。‘お菓子は配合通りに作るもの’と思っていたけど、レシピを読み解くことができるようになれば作り手の自由になるのだとわかりました。しかし、それってかなり道は遠いし、奥が深い。。。
以前学校でもお勧めされた事のある「お菓子こつの科学」。ここに書いてあることくらいは理解しておく必要があるともおっしゃっていました。やっぱり買わなくちゃ。

31720049.jpg 06112201.jpg

06112208.jpg 31720080.jpg

難しい事を真剣に語って下さるのだけど、お話し上手で飽きさせないし、とっても楽しいレッスンでした。目からウロコのささやかな技からクレームの処理方法まで盗んだ!学んだ!泡立てた生地を大きなボールに移す時、冷たいボールに入れたら生地がびっくりしちゃうからボールを事前に温めておくこと、ボールに小麦粉が飛び散るのを防ぐ為にわざとボールの壁面に生地を広げておくこと。クレーム客には感謝の気持ちで「もう一度チャンスを下さい」とお願いすること。(笑)
生クリームに空気を入れるように優しくホイッパーを動かすその手、イチゴをカットするぺティナイフを扱うその指先から「美味しくなぁれ」というおまじないの言葉がシェフの笑顔と共にこぼれ出てくる様でした。ケーキ作りが楽しいとストレートに伝わってくる笑顔とそんな気持ちの込められたケーキたち。美味しくならないわけがない。大切なのはやっぱり気持ち。私も楽しく作りたい!
06112215.jpg 31720095.jpg

肌寒くなってきたのでリビングに戻り、シェフとおしゃべりタイム。表現者としての吉田美和を尊敬しているそうで、ドリカムのアルバムの様にバラードがあったり、ノリが良かったり、ちょっと面白かったり、そんな表情を持つケーキをショーケースの中に並べたいんですって。近いうちに「デフェール」に伺ってシェフのいう作品たちを見てみたい。

31720093.jpg 31720096.jpg

振り返ったらすっかり日は沈み真っ暗な闇が広がっていました。とてもとても楽しくてあっという間の一日でした。
お世話になったみなさんへ感謝の気持ちでいっぱいです。

楽しい1日を共有したお友達。それぞれの視点で書かれた日記もお楽しみくださいませ♪みんな画像もと~ってもきれいです!

coboさんmakikoさんMadokaさんaiさんりりさん

2006/11/22(水) | お菓子・パン | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |