その噂は本当です!

09年8月15日マチネ「オペラ座の怪人」

往復のぞみの指定席を予約していたのに、行きも帰りも駅に着いて一番最初の新幹線の自由席に座れてしまいました。お盆だからと指定にしたのに・・・バカみたい。

さて、8月2日に開幕した「オペラ座の怪人」名古屋公演。

CA393205.jpg

2週間遅れで拝見することができました。名古屋では今までと演出が変わってると聞いていたけど、私はそんなに違和感は感じませんでした。

大きな変更は地下室の蝋燭が舞台袖から出てくることとエンジェル像が下りてこないことでしょうか。
地下室への道行きは確かに地味です。スモークだけがふわ~と漂ってくる時間が長くて、次に短い蝋燭がゆらめき始めます。そして最後の最後に左右から大きなキャンドルが出てくるんだけど、出てくるまでの間、深く暗いオペラ座の地下を感じられて派手ではないけどこれも良いのではないかと思いました。

そして、オペラ座の屋上ではエンジェル像が上から下りてこなくて、ファントムは正面のペガサス像の中に隠れています。隠れている様子を想像するとちょっと笑ってしまうけど、最前列で正面を見ていてもファントムがちゃんと見えるというのは絶対に良いことだと思います。天使像で歌われても席によってはその姿が全く見えなかったりするので実はあまり好きな演出ではありませんでした。海で赤坂以来数年ぶりに見た時の違和感はそれだったのではないかと・・・。(赤坂の演出もちゃんと覚えているわけではないんだけど)

それから、名古屋は舞台が低いのでしょうか?今回最前列だったのだけど、いつになく近く感じて常にドキドキしていました。シャンデリアの落下も頭上を通る時より、舞台に着地した時の方がおおっ~という迫力を感じました。

という訳で簡易版ととかく評判の悪い新演出については、私はがっかりすることなく楽しむことができました!

CA393208.jpg

帰りにファントム仮面型うちわをいただきました~

●高井ファントム
絶好調です!!久しぶりに大満足な高井ファントムを堪能できました。オペラ座の地下にクリスティーヌを連れてきた時、仮面の向こうで嬉しそうに微笑んでいるのを見たとき、今日は何か違う!と思ったのでした。「MOTN」の高音もロングトーンも、音の強弱も非の打ちどころのない完璧さで大満足でした。
ラストの「行け、行ってくれ。お願いだー」の絶叫も今までで一番胸を打たれました。「行ってくれ」と「お願いだ」の間に絶妙な間があって、ファントムの心の逡巡が伝わって本当に切なかったー。はるクリスもファントムに心を残していて切なくとても美しいラストシーンでした。

●涼太さんラウル
とても安定していました。迷いやブレのない、しっかり大人のラウルとして完成されていると思います。「マスカレード」で見失ったクリスを見つけた時の微笑みはもう、犯罪です。あまりにまぶしくて息が止まりそうでした。涼太さんがクリスを抱きしめたりする時の手の動きがとてもゆっくりで優しくて、そこが上品でロマンチックなラブシーンにしているんだと気づきました。これが素早くて強引な手の動きだと情熱的でも下品な印象になってしまうと思うので。そしてますます逞しくなられたような・・・。ひざまづくと上着の背中がきつそうな印象もあったりして。。。そんなことを思っていたらソワレ観劇のお友達からドンファンの前の「君はそこに居てくれ」のシーンで5番ボックスにいる時に上着を着ていなかったという報告が!そのまま下りてきて支配人と警備長と横並びになるところでも上着を着ていなくてキラキラしたベスト姿だったというんです。そ、そんなことってあるの?うーわーレアなハプニング!!私も遭遇したかった!!上着を着るのを忘れた出トチリなのか、上着が破れたとかアクシデントがあって着ることができなかったのか・・・何があったのだろう?
あぁ・・・マチソワしていたらなぁ。。。

●笠松クリスティーヌ
墓場のシーンで青いマントに赤いマフラーをしているけど、この赤いマフラーはラウルがぬれ鼠になって取ってきてくれたマフラーで、さらにお父さんが買ってくれたマフラーだったりするのかな?と思いました。笠松さんのちょっとしたマフラーの扱いでそう感じたのですが、そんな風に思ったのは初めてでした。

●支配人ズ
完璧な2人でした。特に青木さんが良かった!気持ちのよい新聞投げ。カーラをなだめる時の‘仕方ねーなー’という雰囲気。林さんのあたふたした感じも絶妙。「イルムート」のダンスを紹介する時、バレリーナの格好をしなくなっちゃったんですね。それは残念。

●原田マダム・ジリー
名古屋デビューの新マダムです。髪型がふわふわしているのが違和感でした。パンフで確認したら他のマダムは編みこんでいる?けど、原田マダムは浮き輪を頭に載せているような感じでした。歌は少し弱くて、物足りない。長いセリフになるとそこらへんのおばさんになってしまって・・・マダムの怪しい雰囲気が消えちゃうのが残念でしたが、セリフの表現力は良かったし、これからもっと良くなっていくと思う。私は嫌いじゃないです。

●岡田メグ・ジリー
衝撃的でした。東京公演ラスト付近でデビューした某メグを彷彿とさせられました。あまり否定的なのもどうかと思うけど、ちょっと今回は怒りすら覚えたというか。
ハンニバルのお稽古で登場した瞬間に、この人が新しいメグだ!と一目でわかりました。ものっすごく一人だけ浮いている。その容姿が・・・。声と歌はそれほど衝撃ではありませんでした。「プリマドンナ」などの重唱で浮かないだけ、某メグよりは良いか、と思っていたのです。
「イル・ムート」までは・・・。「イル・ムート」のバレエシーンで登場した時、背中が赤くなっていて・・・着替える時にひっかいてしまったのか?まさか、痒くて掻いた痕じゃないよね?もう背中が気になって気になって、目がいってしまって・・・そうしたら次の瞬間、見事にすっ転んだんです!すぐに立ち上がったけど、足は上がらないし、バレエシーンもついて行くのがやっとという感じで顔は引きつった笑顔が張り付いていて。メグはオペラ座の将来有望なダンサーなんだよね?申し訳ないけど有りえない・・・。お願いだから「お稽古ばっかり。」していて下さい!

バレエシーンで一番目を引いたのは大橋さんでした。さすがのバレエソロ!ハンニバルの魚も素敵でした~!そうだ、大橋さんがメグをすれば良いんだっ!

●寺田ブケー
久しぶりに拝見した寺田さんのブケーもとっても良かったのですが、アンサンブルでの枠が変更になっているみたいです。マスカレードの給仕に寺田さんが出てきてびっくりしました。ブケー枠の動きは全然チェックしていなかったので詳しいことはわからないけど、寺田さんで、目に止まったのは以下。
・オークションシーンでラウルの後ろにいる
・マスカレードの給仕
・ドンファンでカーラのりんごを受け取る2人目(ほぼ中央で踊っている)

<名古屋:1回目>

2009/08/16(日) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

kiko

ソワレはそんなハプニングが!?
それは、マチソワできてれば良かったですね。
でも、待ちに待ってた子爵様を最前で観れて、
本当に良かった!!
メグのキャスティングは疑問ですね〜。
ジリー親子が良いと舞台が締まるのに。

2009/08/16(日) 20:02:32 | URL | [ 編集]

poca

…メグ、今週は未定ですね(苦笑)

うわ~しかしすっころんでしまったとは(^^;
大橋さんはキャスティングされていないのでしたっけ?
背が大きいからかな…?
メグは歌・ダンスどちらも要求されるから大変ですね。

絶好調な高井ファントム観にいきたい~っ!!
皆に背中を押されまくってますが(笑)、チケットがなかなかみつかりません…

2009/08/17(月) 12:01:43 | URL | [ 編集]

BOIS

>kiko様
はい~お陰様で最前列どセンターで始終ドキドキしながら観劇して参りました!
涼太さんも安定していて本当に安心しました。
最近「春のめざめ」で若者パワーに触れていたので、ここで大人の魅力を再認識しました。やっぱり、「オペラ座」いいわ~

>poca様
今週のメグはどうなることやら・・・
なかなか素敵なメグが育ちませんねぇ。。。
大橋さん、背が高くて大人っぽいけど、意外とはまるような気がするんだけどなぁ。
クリスを引っ張っていくお姉さんなメグも良いと思う!

「春のめざめ」も「ウィキッド」も終わり、「アイーダ」」が始まる前の9月後半、連休あたりに名古屋なんて如何ですか~

2009/08/18(火) 07:09:00 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/813-831c2912
 |  HOME  |