ウーマンズ・アイランド

ウーマンズ・アイランド (マガジンハウス文庫)ウーマンズ・アイランド (マガジンハウス文庫)
(2009/06/12)
林 真理子

商品詳細を見る

本屋で手にとって開いたら2行目に「ミュージカルの、初日が開いてすぐ見に来た時のことだ。」という一文が目に飛び込んできて思わず購入。
汐留と思われるエリアで働く女性達の仕事や恋愛を描いた短編集。雑誌「BOAO」に連載されていたものみたいです。ドラマ化もされたとか?知らなかったなー。
いや、久しぶりに林さんの本を読んだけど、いつの間にか主人公より年齢が上がり、登場人物にあまり共感できなくなってきたような。か、哀しい・・・。

広告代理店勤務、テレビ局勤務、化粧品会社勤務、派遣スタッフ、アルバイト、etc, と様々な職業の女の子が登場する中で、

第9話「女優・小山内千穂の場合。」

これは、四季と思われる劇団に所属する女優さんが主人公で、海劇場と思われる劇場で「オペラ座の怪人」と思われる作品に出演しているシンガー枠のアンサンブルさんの物語でした。別の舞台では準主役もやったことがある・・・という位置だと1枠のコントラルトか2枠のフィルマン夫人辺りの人がモデルですかね~?

2009/06/27(土) | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/781-b237e1ff
 |  HOME  |