FC2ブログ

ええやん、(涼風)エリザベート!

08年11月29日マチネ「エリザベート

2000年の初演以来、2度目の「エリザベート」でした。全く初見と同じ気持ちでいたけど、案外覚えていて驚きました。

●涼風エリザベート
期待以上に良かったです。最近見た涼風さんの中で一番はまっていた!きれえぇ~。それにこんなに歌も上手かったっけ?高音もきれいですごく聞き易かったです。冒頭の少女時代に戻るところ、とても自然で違和感無し。48歳だなんて・・・嘘でしょ!?それにしても、ここで木から落ちるのが映像ってどうなの?フライング技術でどうにかならないんでしょうか、東宝さん。
で、涼風シシィには大満足だったのですが、シシィの性格って何?自由を求める気持ちはわかるけど、あれではただのわがままにしか見えない。「エイヤン!ハンガリー」のシーンでは王妃らしい威厳と責任感が感じられてここはとっても印象的で好き。でも、ここ以外は不満とわがままばかりでエリザベートという人に全く共感できません。ミルクのお風呂のくだりでは全くマリー・アントワネットと同じだなぁと。もっと人物を掘り下げてから見れば違った見方ができるんでしょうけど・・・。

●石川フランツ
とっても良い声!好きです~
確かに、フランツも頼りないところはあるけど、優しくてエリザベートのことを最大に尊重してあげていると思うんだけど。「二隻のボートのような私たち。近づくけれどすれ違うだけでそれぞれのゴール目指す。」だなんて・・・老いてまで冷たいエリザベート。本当にフランツの目で見たら理解できるはずなのに。嗚呼、もどかしい!結婚なんてしなければ良かったのに。

●太田チビルドルフ/伊礼ルドルフ
ルドルフはかわいそうですねぇ・・・。エリザベートよりよっぽど孤独だと思うんですけど。(でも、猫は殺さない方が・・・)太田チビルドルフの高音、きれいでかわいい!最近の子供は大人顔負けの上手さですね!大人になった伊礼ルドルフの声は意外とハスキーでした。歌は少々厳しかったけど憂いを含んだ美しいお顔や立ち居振る舞いがルドルフにぴったりでした。思っていたよりイイ!!巨大な本に囲まれたセットは孤独感いっぱいで、トートとお友達になるシーンも好きです。

●武田トート
武田トートは舞台を引っさらうほどの存在感はなかったけど、ふと気がつくとそこにいる!という粘着質な感じが生身のトートという感じでした。歌も期待以上だったし、「闇が広がる」の独特のアレンジ(?)がとっーても良かったです。ゾクゾクってしました。もうね、さっさとエリザベートを連れて行ってあげて下さいって思っていました。あんまりエリザベートから生に対する執着が感じられなかったからかも。

●中山エルマー
「モーツァルト!」「ルドルフ」などで拝見した中山さん!存在感があって良かったです。この枠、出世枠なんでしょう?楽しみですね~

●村井パパ
エロいっす。

この日はeプラスの貸し切り公演だったので最後にご挨拶がありました。涼風シシィはやっぱり男前でした。後ろでドレスの裾持ちのアンサンブルさんがおたおたしてなかなか大変そうでした。武田さんはまじめなご挨拶でとっても真摯な感じ。これから、もっとミュージカルの世界で頑張るのかな。最後はにこにこ両手バイバイでトートらしからぬかわいさでした。

朝海シシィとか、山口トートとか、浦井ルドルフとか、鈴木フランツとかも気になるけど、今期のエリザはこれでおしまい。

2008/12/01(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/669-46defe7c
 |  HOME  |