オペラ体験:ロッシーニ・ナイト

ロッシーニ・オペラ・フェスティバル日本公演
08年11月21日(金)特別コンサート「ロッシーニ・ナイト」@オーチャードホール

ご招待いただき初オペラもどき体験に行ってきました。金曜日の夕方になったら一週間分の疲れがたまったのか発熱。病院へ寄ってお薬をいただき(この病院の院長先生がちょっとステキだったりする)、本当は1幕だけで帰ろうかとも思ったのだけど・・・きちんと最後まで楽しませていただきました。それにしても微妙な体調不良が長すぎます。(涙)

さて、オーチャードホールでのオペラ。やはり普段行くプレハブチックな劇場とは雰囲気が違います。ロビーでの飲食も禁止だし、おしゃれしている方や外国人も多く、華やか気分を満喫させていただきました。幕間にはドゥマゴのオードブルプレートとシャンパンで1週間遅れのpocaちゃんのお誕生日にカンパイ♪大人な夜だわー。

CA391687.jpg

そして、舞台ですが・・・
1幕は序曲集3曲。イケメン奏者たっぷりのボルツァーノ・トレント・ハイドン・オーケストラの演奏。コンマスの笑顔が忘れられません!かっこいい~

◆セビリアの理髪師
◆泥棒かささぎ
◆ウィリアム・テル

当初の予定と曲順が変わっていました。1曲目の演奏が終わったところで指揮者の方が客席を振りむいて、曲順が変わっている旨のお詫び(たぶん)がありました。
常に笑顔のコンマス、客席に話しかける指揮者、自分のパートが終ると顎に手を当てて猫背になってるトロンボーン(?)、ウィリアム・テルの一番の盛り上がりで音を外した金管、拍手しているのにあくびをしている・・・といったかなり自然体な演奏でした。優しい優雅な音楽で迫力はなかったけど聞き易くとても楽しかったです。(本当です)普段はオーケストラボックスの中で演奏しているとあんなリラックスした雰囲気なのかしら?

2幕は演奏会形式(演技はなく歌うだけ)のオペラ「テーティとペレオの結婚」です。
1幕は演奏だけだったので歌を聴かずに帰れない、と思って最後まで頑張りました。
でも、正解!このオケの演奏はやはり歌と一体として聞くものなのだと思った。プラハ室内合唱団の合唱と演奏のハーモニーがとても素敵で、歌も演奏も突出することなく融合しているという印象でした。

オペラの内容は字幕によるとテーティとペレオの結婚式に全ての神がやってきて祝福するという、どこまでも平和なお話の様です。‘邪悪な女神はもういないー’とか歌うので脳内では‘邪悪な「魔女」はもういないー’じゃないの?とか思っていました。(←演目、違っ)
アルベルド・ゼッダさんの体中で表現する指揮はとても素晴らしかったです。映画版のムッシュ・レイエみたいでした。さらにテーティ役のナタリーナさんの髪型がまんまクリスティーヌでした。(←だから、演目・・・違!)

リラックスして楽しめて、オペラ初心者の入門編としてはとっても良かったです。

オーチャードホールだったので来年の「ACL」を想定しての下見をしてきました。
たぶん、舞台との段差を考えたら20列目ぐらいが見やすいと思う。

チケット発売は2月下旬。先行予約有り。
先行予約の案内はBunkamuraメールマガジンに登録すると2月頃メルマガで案内予定とのことです。

メルマガだとその他の公演の案内も来ちゃうので、「ACL」の先行予約DMだけ欲しい場合は下記に1月末日までにFAXを送るとDMをいただけるそうです。

FAX 03-3505-1746 TBSコーラスライン係行
住所・電話・FAX番号・氏名・DM希望を記入

専用の申込用紙(チラシ)があるので、欲しい方は個人的にご連絡くださいませ。コピーで良ければ差し上げます。(友人限定) 

2008/11/21(金) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

poca

お誘いいただきありがとうございました~♪
オードブルプレートもおいしかったです!
あと10分休憩が長かったら完食できたと思うとちょっと残念
(←食べるのが遅いので…へへっ(^^;)

お土産もたくさんいただき、感謝感謝でございます(^^)

体調はいかがですか?
お大事に…

2008/11/25(火) 17:21:50 | URL | [ 編集]

BOIS

>poca様
こちらこそお付き合いありがとうございました。
別世界体験でしたね!

帰りの山手線では大変大変ご迷惑をおかけしました・・・。一人じゃなくて本当に良かったデス・・・。

体調はあと一息!って感じです。
ご心配いただきありがとうございます~
(今日も病院へ行ってきた・笑)

2008/11/25(火) 22:34:34 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/662-2a905d7c
 |  HOME  |