FC2ブログ

火がついたサイゴン

08年10月21日ソワレ「ミス・サイゴン

とうとう、本当にmy楽の「ミス・サイゴン」。
最後はちょっとだけ奮発して1階席で観ることができました。やっぱり1階だと迫力が違いますね~本日の感動を与えてくれたmyラストメンバーは橋本エンジニア・新妻キム・原田クリス・岡ジョン・泉見トゥイ・浅野エレン・菅谷ジジ&赤組さん。そして、この日は新妻さんと浅野さんのラストでした。
今日は「クークープリンセス」~「トゥイの死」までの新妻キムと泉見トゥイの鬼気迫るやり取りと、絶妙なタイミングで入ってくる橋本エンジニアにやられました。この3人の迫力に圧倒され、涙腺決壊。

なんでまた、こんなにサイゴンにはまってしまったのか・・・ずっーと考えているんだけどわからない。最初は苦手だったからこそ、なんとかサイゴンの魅力を伝えたい、わかってもらいたい!と思うんだけど。上手く説明はできないけど観れば見るほど面白くなっていくことだけは確かです。

●橋本エンジニア
橋本さんのエンジニアは暗い、重いサイゴンの舞台をとっつきやすくしてくれる明るさとパワーがあります。今回はちょっとやり過ぎでは?と思わないでもなかったけど、でも良いです、面白いから。聴かせてくれるし、魅せてくれるので橋本エンジニア大好きです。「取引」でクリスの腰に抱きつこうとするも避けられるバージョン、原田クリスにはしっかり抱きついていました!そして冷静に手で払われてましたよ!「生き延びたけりゃ」では今回もお風呂入りたい~で体をごしごし洗ってた。腋までしっかり(笑)

●新妻キム
ドリームランドでのおどおどした立ち居振る舞い、ぎこちないダンス、不安そうな表情・・・すごく好きなんです。新妻キムだとトゥイに対してもただの拒絶だけじゃない気持が感じられるので、トゥイが一層切なく思えるのです。
今日は新妻さんの千秋楽ということで気合いが入り過ぎたのか、ホテルの部屋を飛び出すところでドアの向こうですっ転んだようです。ドアの隙間からアオザイの裾がそろそろと中に入っていくのが見えました(笑)。カテコの挨拶で自らネタにするあたりやはり大物です。「え?みんな(客席)気づいていたの?(浅野さんに向かって)歌いにくかったでしょう?ごめんね~」と言っていました。新妻さんはカテコでいつもにこにこはしゃいでいます。演出家から「救いのない物語だからカテコは明るく」と言われているんですって。私は物語の余韻に浸りたいので、ソニンちゃんみたいに放心状態なのもOKなんだけど。ジーザスのエルサレムバージョンみたい。

●原田クリス
8月以来なのでどんなだったか憶えていなくて、もう一度見ることができて良かったです。結婚式の場面で「言葉がわからない」「こんなきれいな曲初めて」とキムに向かって語りかけていたのが印象的でした。ドリームランドでは背の高い岡ジョンと一緒だとまるで子供みたい。キムに向かって「こんな娘まだガキだぜ」って。ガキなのはあなたの方ですから~と思いましたです。
キムはクリスのことを「夫」、自分のことも「兵士の妻」と何度も言うけど、クリスはキムのことを「あの娘」「彼女」「キム」としか呼ばないんだよね。やっぱりクリスにとっては「妻」じゃなかったんだなぁ。(あ、これ初演版CDでは・・・の話みたいです。今回舞台ではキムのことも「妻」と言っていたらしい・・・覚えていないけど。)ヘリコプターのシーンではクリスが「キム~!」と叫ぶバックが「WGW」なんですね。引き裂かれる運命に対して「主よ、何故!」と訴えているとは・・・やっぱり音楽、良いなぁ。

●浅野エレン
初見のエレンでした。細くてかわいくて、いかにもアメリカのお嬢さんという感じ。原田クリスと背格好や声がすごく合って、「いいのよ、2人やり直すのよ」が気持ちと力がこもっていて二人はこの悲劇を乗り越えて上手くやっていけるだろう、と思えました。でも、若いゆえか、キムを思いやるという感じではなくホテルでの「メイドですか?」(優しい)「違います」(キム)「それじゃあ、何?」(キツイ)とか「クリスの、エレン」とか、アメリカ人らしい主張の強さがあって。幸せなアメリカ人の奥様とぼろぼろのベトナム難民の対比が際立っていました。そして、クリスとエレンがお似合いだからこそ、キムが「懐かしいキスとあなたの声・・・」と歌う後ろで二人がキスしているのがものすごく苦しくて。

●岡ジョン
岡ジョンだとクリスとは「頼りあえる戦友」というより「頼れるお父さん」に見えます~バンコクで、はしゃぎまわる観光客の中でキムを探す様子が一人異質で、エンジニアとの再会のシーンはとても自然で良かったです。原田クリスと浅野エレンの二人にタムを幸せに育てられるとは思えないので、ここはジョンにお任せしたいと思いました!もうね・・・一人の男に二人の女。どんなに考えたって解決策が見つかるわけがないって。だから、ジョンがキムを救ってあげればいいのに・・・。本当はキムとトゥイが幸せになれたら良かったんだけどね。岡さんは本当はトゥイをやりたいってレプリークで言ってたし。(身長制限があってベトナム人役はできないんだって)

●泉見トゥイ
私が見た帝劇サイゴン、実はすべて泉見トゥイでした。他の人と比べることはできないけど、とにかくこういうキャラが大好きなんですよ!キムと再会した時の嬉しそうな顔とか、それを見られて取り繕う様子とか、キムの言葉にいちいち反応するところとか、自分でキム達を襲わせておいて見ていられなくなって苦しげな表情で「もう、いい!充分だ」と言ったり、タムを見た時の唖然とした表情から凶行に至る流れとか、なりきり亡霊とか、とにかく、もう泉見トゥイは最高!です、はい。
この日のカテコでは何故か早く帰りたかったのか?トイレに行きたかったのか?超さっさと引っこんでしまって・・・残念でした。なぜ~どうしたの~カテコでは亡霊の白塗りを落として登場するのでお顔がつるつるでした。フィエロみたい!

●その他
赤組アンサンブルさんたちの歌はすごく迫力があるように思います。「命をあげよう」のラスト、エンジニアがタムとキムに手を差し伸べるシーン(橋本さんの上に高くかかげる腕もすごく好き)でそのシルエットにかぶるように「家も無い、命も無い、チャンスも無い、悔いも無い、帰らない、場所も無い、別れない・・・」のコーラスに鳥肌が立ちました。
バンコクでは肉屋の子豚ちゃん、最後にはエンジニアに抱っこされていました。すかさず「気持ち悪いんだよ!」って突き返されていましたが。最後にしてやっと港海兵隊長の歌と動向を確認できました。1階席だとバンコクでの細見くんが見えにくいという難点がひとつありました。Oh!no~

22日からの特別カテコは歌って踊ろう「アメリカンドリーム」だったそうで。いいなぁ。私もアメドリ歌いたかったよ~。キャストの皆さん、帝劇へ通った皆さん、本当にお疲れ様でした!!感動的な舞台をありがとう~

決めました・・・。

               

               CA391541.jpg

2008/10/21(火) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

ゆん

おぉ~!!泳いじゃいますか♪
ぜひ感想を首をながーくして、お待ちしております(笑)

先日はご挨拶も出来ませんで、失礼いたしましたm(_ _)m
熱く纏まりのある舞台でしたね!
メッセージ性の強い作品だけに終わってしまうと喪失感が・・(^^;
サイゴンの「組み合わせの妙のマジック」からも、なかなか抜け出せないです~。

2008/10/24(金) 23:02:47 | URL | [ 編集]

みっしー

泳いじゃってください!
そして、お留守番の私に感動てんこ盛りのレポを!
私は・・・「行くにゃ、時間がない~!」ですので(ーー;)

2008/10/25(土) 11:57:20 | URL | [ 編集]

BOIS

>ゆん様
泳ぐ決心をしました!決めたからにはさっさとチケットとか抑えたいんですけど・・・まだちょっと先ですね。うう・・・楽しみ☆
今は‘組み合わせの妙’に頭を悩ませています。ううむ。

>みっしー様
感動てんこ盛りのレポ・・・書けるかなぁ。がんばります!
トゥイもキムも今度は広い心で観てみようと思ったりもしています!あぁ・・・帝劇にもっと通いたかった。(やっぱり福岡は遠いー)

2008/10/25(土) 22:56:32 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/644-4b29ec66
 |  HOME  |