井上クリス千秋楽@ミス・サイゴン

08年9月30日ソワレ「ミス・サイゴン」@井上クリス千秋楽

普段は比較的静かな帝国劇場が・・・何ですか?この熱気。これが東宝のプリンスのお力なのですね~ロビーにはキャスト表の前に不自然に佇むテニスの王子様がいたり。(目立ちたがり?)せっかくならもう一人のルドルフが見たいんだよ!と騒いだら幕間に目撃情報の速報が!私は2階席だったので見れなかったけど(残念っ)他にもマチネ公演出演の照井クリスがいたり、神田トゥイと石井トゥイが仲良く一緒にいたり。うわっ、うわっ、客席も豪華。さすが井上くん、引退公演!(byさとしさん)

舞台の方も今日は何時にも増して豪華な組み合わせ。指揮者まで塩田さんがお戻りでした。橋本エンジニア・井上クリス・笹本キム・岡ジョン・鈴木エレン・泉見トゥイ・菅谷ジジ&紅組。

舞台も千秋楽バージョンのアドリブ入りまくり、熱入りまくりのあっつーい舞台でした。特に橋本エンジニアが熱くて、熱くて、橋本さんの千秋楽かと思うほどでした。エンジニアとして今日の舞台を盛り上げる使命があったんですね、きっと。井上くんより印象的でしたよ!さとしさん。

‘取引’では井上クリスに抱きつこうとして逃げられたり、‘生き延びたけりゃ’では「やっほー」ってやまびこやったり、バンコクのオーナーとのアドリブがいつもより長い長い!このシーンはプリンシパルのエンジニア相手にアンサンブルのオーナーが上からたたみかけるシーンだから打ち合わせひとつでも実はすっごく大変なんですって。この日はばっちりでしたね、川口オーナー!さらに橋本さん、「よりどりみどりうつみみどり」って・・・。サイゴン見て楽しかった~って言うのはおかしいんだけど、やっぱり一体感のある熱い舞台はとっても良かったです。

鈴木ほのかエレン。タムと対面する時に後ずさるんですよね。それが、ラストではタムをしっかりと抱きしめていました。8月に観た時は幕が下りてきてもなかなか手を差し伸べないので内心えっ?と焦ったのですが、今回は手を差しのべてからぎゅっと抱きしめたところでちょうど幕が下りました。すごく、良かったです。セラピストのエレンは人の気持ちを思いやり、一緒に考えることができる広く深い心を持っているはず。エレンはキムの気持ちを汲んでタムを育てることができる強い人だと思う。クリスもエレンもこのあとも続いていく未来を精一杯生きてほしい・・・そんなことをタムと(ほぼ)同世代な私は思ったのでした。ベトナム戦争って歴史の彼方で起こったことじゃないんだよね・・・。

2008/09/30(火) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/633-e79782b6
 |  HOME  |