初・ひとり宝塚

08年9月28日マチネ「スカーレット・ピンパーネル」宝塚星組

行くか、止めるか・・・うだうだと悩んでいるうちにチケットがどんどん高騰していきます。でも千秋楽までに行ける週末はここだけ。宝塚好きな友人が「絶対に後悔しないから見に行って!」と強く勧めるので勇気を出して一人宝塚デビューしてきました。

結果・・・行って良かった!!

今まで見た宝塚の演目の中で一番良かったです。
この作品は宝塚のオリジナルではなく、ブロードウェイミュージカルの日本初演で、宝塚ファン以外からも注目の作品なのです。
舞台はフランス革命後のパリから始まり、ロベスピエールとか王太子ルイ・シャルルとかシトワイヤンという呼びかけとか、ベルばらでおなじみの名前や単語が出てきたり、ドラマチックなストーリーの展開に華やかな舞台でちょっぴりベルばらの続編ぽくて宝塚で初演を飾るのに本当にぴったりな作品だと思いました。面白かった~

音楽は「ジキル&ハイド」や「ルドルフ the last kiss」などを手がけたフランク・ワイルドホーン。「歌をしっかり歌える人にやってもらいたい」という条件だったそうです。そして選ばれた星組。歌唱力には定評がある組なんだって。主演のトップスター安蘭けいさん、娘役トップの遠野あすかさん、次期トップの噂がある柚希礼音さん、主要3役しっかり聴かせてくれました。本当に宝塚のイメージが変わったくらい上手かった!
鏡を効果的に使った演出が多く、舞台に広がりが出て、鏡にうつる背中までが絵になる美しさでした。そういうところがさすが宝塚だなぁと思いました。

そうそう、パンフレットでは遠野あすかさんがエビータの智恵さんに見えます~

来年か再来年には東宝で公演するとの噂があるそうです。宝塚用に書き下ろした楽曲が何曲か入っているようなので宝塚版とも若干違うのだろうけど、とっても楽しみ♪

東宝で公演をするなら誰が出るかなーと妄想驀進中
元四季系とあまり知らないのだけど東宝系の役者さんで考えてみると・・・。

パーシー・ブレイクニー:石丸幹二さん/井上芳雄くん(プリンス枠)
マルグリット・サンジュスト:新妻聖子ちゃん/笹本玲奈ちゃん(プリンセス枠)
ショーブラン:岡幸二郎さん/川崎真世さん(ジャベール枠)
プリンス・オブ・ウェールズ:山口祐一郎さん(お笑い枠)←怒られる?
ロベスピエール:光枝明彦さん
アルマン:泉見洋平さん/浦井健治くん(中堅イケメン枠)

でも、実は掴みどころのないパーシーに一番ぴったりなのは吉野圭吾さんではないかと思ったり。
マルグリットは聖子ちゃんたちよりもう少し大人なイメージなんだけど・・・浮かばないなぁ。ちなみにとうこさん(安蘭けいさん)ファンの間では、引退したとうこさんがマルグリットをやるのでは?と言われているそうです。

すいません、↑ 勝手なつぶやきです。

2008/09/29(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/632-94a21092
 |  HOME  |