Edition Koji Shimomura@六本木

最近みんなの話題によく出てくる「Edition Koji Shimomura」でランチ。

こちらのレストランにはメニューがありません。サービスの方とお話をしてお勧めメニューを組み立てていく、お料理のオートクチュールなんですって!
とは言っても・・・初めて訪れた人にはシェフのスペシャリテでまとめたメニューが出されます。なので一緒に行った人が初めてじゃないと、同行者と違うメニューをいただくことになります。もちろん同じものが食べたいと言えば出していただけるけど、シェフは違うもの(その日のお勧め)を食べて欲しいと思っているような気がする。

今回、私は初めてだったのでまずはシェフのスペシャリテを黙っていただきました。
わぁ~。みんなが感激するのもわかった!
意表をついた組み合わせなのに洗練された味、芸術的に美しいプレート。
でも、きれいなお皿を上品に少しずつ食べるんじゃダメなの。全部をガッと一緒に口の中に入れて食べる!最終的に料理は口の中で完成されるのです。
これには心臓わしづかみ。(笑)

09092705.jpg 09092709.jpg
左は前菜の生牡蠣。すっぱい海水のジュレの中にも上にも海苔がたっぷり。牡蠣の下に隠れているムースと一緒に食べるとジュレの酸っぱさが気にならなくなります。右はメインのお魚のフリット。盛りつけのブロッコリーが逆さまなのがまず印象的。そしてブロッコリーのソースとレモンのコンフィチュールを一緒にいただきます。味覚に対するシェフの豊かな発想が伺える一品!超絶お勧めの二皿。
お肉は普通だったので・・・割愛(笑)

09092716.jpg 09092719.jpg

デザートはチョコレートを再構築した一品。クリームを使わないチョコレートのムースに、岩塩とオリーブが乗っていて、オリーブオイルをかけていただきます。後から粉状のチョコレートのシャーベットが添えられて。カカオの水と一緒に。最後はコーヒーと一緒にプチフール代わり?のチコリと豆乳のプリン。ルバーブのジャムとドラゴンフルーツが乗っていました。
家庭では絶対に再現できないプロのお料理の数々。これぞレストランでいただく醍醐味ですね!

ランチも最後のお客だったので、シェフが何度も顔を出してくれて・・・今日は個室を解放したテーブル席だったので、帰り際にフロアが見たいと言ったらシェフ自ら案内して下さったり。あら・・・お店は六本木通りに面しているんだけど、外に向かってキッチンがあってフロアには窓がありません。(個室にはある)。これはキッチンの働きやすさがお料理の出来栄えを左右すると考えているからなのかなぁ~?なんて思ってみました。お天気や街の様子を感じて働くことも大切なのではないかと・・・。本当は交通が激しくてうるさいから、かもしれないけど。聞いてみれば良かったな。次回!

3時間もかけて美味しい豪華ランチを食べたのに・・・まだ食べるか?私たち。
汐留に移動して、9/1にペディ汐留にオープンした「andonando」でお茶。同じフロアに「ファミマ!」もオープンしてた。ここ、けっこう便利そうです。

店内限定のパティスリードーナツ‘エスプレッソアフォガート’をいただきました。

09092701.jpg

2008/09/27(土) | おでかけ-洋食 | トラックバック(1) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/629-bea8c359

????? ?? ?? by Goodor Bad

??? ????????Τ????λ????????????Τ?????Υ???ä顢????

2008/11/13(木) 07:34:24 | ?????罸by Goodor Bad

 |  HOME  |