FC2ブログ

手紙

手紙 手紙
東野 圭吾 (2006/10)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


映画のCMや友達の感想を聞いて読んでみました。東野圭吾の作品は初めて。緻密な計算された文章を書く作家さんなのですね。タイトルにもなっている「手紙」ですが、剛志の書く手紙の内容が微妙に変化していくところや、その手紙が直貴の人生の節目、節目に与える影響など・・・とっても上手いなぁと思いました。

犯罪者(強盗殺人犯)の家族という視点で描かれたこの作品。主人公直貴の就職先の社長の言葉が印象深いです。「人には繋がりがある。愛だったり、友情だったりするわけだ。それを無断で断ち切ることなど誰もしてはならない。だから殺人は絶対にしてはならないのだ。残された者がどんなに苦しむかを考えなかった。君が受けている今の苦難もすべてひっくるめて君のお兄さんが犯した罪の罰なんだ。」つまり「自分が罪を犯せば家族をも苦しめることになる、全ての犯罪者にそう思い知らせるために‘差別’は必要なんだ」と。
差別や不当な扱いを受けて苦難の中で生きてきた直貴に肩入れして読んでいるとがつん、ときます。なるほど・・・。飄々と冷静で、ある意味公平。でも決して冷たいわけではない。この社長さんさすがだな、と思います。

そしてこの社長は自殺もまた悪だと言います。自殺とは自分を殺すこと。たとえ自分がそれでいいと思っていても、周りの者もそれを望んでいるとは限らない。だから自殺もいけないのだと説く。これは納得。

後半に向かって、犯罪者の家族だった直貴が被害者という立場になり、また考えが変わっていく。というか、逆の立場になって改めて気づく。どんな理由があれ、犯罪者は許せないという被害者の気持ちに。そして直貴が決断したことは・・・。

最後はちょっと抽象的で不完全燃焼。結論ばんっ!っていう方が好きみたい。どうして?だから?となんだかぐるぐる考えてしまう。あ、それが狙いなのか・・・。

風紋〈上〉 風紋〈上〉
乃南 アサ (1996/09)
双葉社

この商品の詳細を見る

犯罪者の家族と被害者の家族を描いた作品では乃南アサの「風紋」上下と続編の「晩鐘」上下の方が印象深く残っています。「手紙」の主人公とは逆の立場である被害者の家族には予期せず誰でもなってしまう可能性があり、そんな偶発的な出来事で被害者(の家族)でありながら社会から抹殺されていくなんて恐ろしく思います。2004年に犯罪被害者の権利を守るための法律(犯罪被害者基本法)も制定されましたが、これらの本を読んで犯罪者と被害者という当事者だけでなく、そこから繋がっていく家族・係累に至るまでの影響について改めて考えさせられました。

2006/12/27(水) | 読書 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |