FC2ブログ

ロミオとジュリエット

今日は京都行きを諦め、自宅で引きこもってDVD鑑賞と相成りました。
借りてきたのは「ロミオとジュリエット」。

「ウェストサイド物語」のベースが「ロミオとジュリエット」だという事で原作本は早々に読んだのだけど、映画を見る!というのは私の頭になくて・・・。今回お友達の影響で、さっそく借りてきました。本よりも「WSS」との類似点をたくさん感じる事ができました。想像力・・・無いんだな、私。(実感)

ロミオ&ジュリエット (ベストヒット・セレクション)ロミオ&ジュリエット (ベストヒット・セレクション)
(2007/10/24)
レオナルド・ディカプリオ

商品詳細を見る

●現代版「ロミオとジュリエット」
舞台は本当にヴェローナですか?
アロハシャツとか着てるし、車も大きくてアメ車っぽいし、両家の抗争もまるでゴッドファーザーみたいな迫力。マキューシオは黒人だし、神父様は背中にクロスの刺青してるし。いかにもラテン系。映像も音楽もポップで現代的なのに、シェイクスピアの重厚な詩の様な台詞はそのままという、このアンバランスさ加減が絶妙で。上手いなー、洒落ているなーと感心してしまう作品でした。そしてとても印象的だったのが水の演出。
二人の出会いが水槽越しだったり、プールに落ちたり。バルコニーシーンがそっくりプールの中に置き換わっていましたが、水の中で愛を語り合うのもまたロマンチックで良いではないの!

ロミオとジュリエットロミオとジュリエット
(2006/04/21)
オリビア・ハッセー、レナード・ホワイティング 他

商品詳細を見る

●オリジナル版「ロミオとジュリエット」
現代版の方が「WSS」っぽいのかな、と思ったけどそういう訳でもなくて・・・バルコニーシーンやラストシーンはそのままミュージカルに生かされていると感じました。大公さまのラストの台詞はまさにマリアの叫びと同様で、重みがあって思わず泣けました。映像も古い作品のはずなのに加工されてとてもきれいでした。男性の着ている衣装がどうにもこうにも・・・なのが難ですが。

オリジナル版と現代版の一番の違いは現代版ではロミオが死ぬ瞬間にジュリエットが目を覚ますところ。ジュリエットが生きていることを知ったのに、既に薬を飲んでしまった後だからそのまま死んでしまう。ロミオも「もっと信じていれば良かった・・・」と呟いたのでしょうか。オリジナル版(原作)の様に誤解したままそれぞれが死を選ぶ方が運命の皮肉さが強調されてシェイクスピアらしいかな、と思いました。

「WSS」と「ロミオとジュリエット」で一番の違いはマリアが死なないことだけど、もう一つは両者の抗争に意味があること。「ロミオとジュリエット」ではどうして両家がそこまで争うのか全く描かれていません。「WSS」では移民とプアホワイトの精神的な対立が理解できるだけに争う気持ちも納得できる。
あと、「ロミオとジュリエット」ではティボルトがマキューシオを殺し、ロミオがティボルトを殺してしまう現場の状況、心の流れがしっかり描かれているけど、「WSS」はちょっと軽い。やっぱり、5重唱で一幕を終わらせて、ランブルのシーンをもっと丁寧に描いた方が良いのになぁ、なんて思いました。

2008/05/06(火) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

マッシュ

黒人マキューシオ、私けっこう好きなのですよ。
ちょっと前に借りて見た蜷川版マキューシオは、今まで見た中で1番変人でした。

2008/05/08(木) 04:08:11 | URL | [ 編集]

BOIS

>マッシュ様
うん。現代版のロミジュリ面白かった~黒人マキューシオも良かったよ!

うわぁ、蜷川版のロミジュリもあるのかぁ。それも見なくちゃ~
勉強熱心な私。

2008/05/09(金) 23:05:52 | URL | [ 編集]

ゆぴ

ディカプリオのは1度しか観てなくて、
昔のを何度も観たことがあります。
趣旨ずれだけど、あのオリビア・ハッセーが、
布施明と結婚したっていうのがものすごい不思議です・・・

2008/05/11(日) 13:30:34 | URL | [ 編集]

BOIS

>ゆぴ様
さすが、ゆぴさん!
どっちもそれぞれ違いがあって面白かったです~
オリビア・ハッセーってそういえばそんな話もありましたねぇ。
確かに不思議だ。

2008/05/11(日) 20:26:32 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/534-eef41065
 |  HOME  |