FC2ブログ

わかってみれば簡単なことだ。

08年4月29日マチネ「オペラ座の怪人

「オペラ座の怪人」日本初演20周年記念公演に行ってきました。

CA390500.jpg CA390501.jpg

ハービスエントのB1Fエントランスにはバラの花と仮面のオブジェが飾られ、劇場の入り口やキャストボード脇などには深紅のバラのスタンドがいくつも置いてあり、記念グッズには長蛇の列が出来、テレビカメラが入り、劇場は記念日らしい華やかさに溢れていました。

一方、キャストの方は期待と予想を裏切り特別感のあまりない、至って普通な、今まで通りの普段着キャストでした。(誰だったら特別か、は人それぞれ思うところがあるでしょうけど。)当日まで何かびっくりがあるのでは?と思っていたけどもちろん何も起こらず。少々テンション下がり気味での開演だったのだけど、舞台を観ていて「あ、そうなのか。」とわかったのです。

過去の評価や評判ではなく、これからのオペラ座の20年を担い、歩んでいくキャスト。それが今日の20周年記念日に選ばれたキャストなのだと。(記念日に出演しなかった方がこれからのオペラ座に不要なキャストだと言っているんじゃないですよ。)お祭りではなくて、この日も「通過点」の1日なんだなぁってシミジミと思いました。

‘変わっていくこと’にちょっぴり切なさを感じながらも、この通過点の記憶を共有できたことは素敵な思い出になることでしょう。

「オペラ座の怪人」 20歳のバースディおめでとうございます。

なんとなく感傷的な気分の私でしたが、舞台の上は・・・

●高井ファントム
前回は佐野ファントム、今回は高井ファントム、と短い間に2人の怪人を観る事ができました。それが、この二人「MOTN」の全く同じフレーズで声が裏返ってしまったのです。そんなに難しいのかなぁ・・・ココ。今日の高井ファントムは全編通してハラハラし通しでした。そして・・・ラストで・・・また・・・。嗚呼。最近はなかなか会心の出来の高井ファントムを見ることが無いけど、こんなに不調な高井さんも初めてかも。晴れやかな記念公演でどんなに無念だろうか・・・。この出来でオールスタンディングの喝采の拍手は逆に辛いのではないか、とか・・・そんな風に思う事が既に失礼なのかもしれないけど。特別カテコでは舞台中央に登場しても、一切歌うことなく、笑顔もなく、そこに孤高なファントムとして存在していたことが本当に素晴らしかったです。トラブルに怯むことなく最後までファントムでいてくれて本当にほっとしました。あと、どの位高井ファントムが観れるのだろうか・・・そんなに長くはない気がする。

●花代クリスティーヌ
ハンニバルのリハーサルで登場した時から存在感ばっちり。ここではダンサー達に紛れてどれがクリス?と思う位がちょうどいいはずなんだけど。歌は素直な声で嫌いじゃないのだけど、高音はやっぱり厳しいのかどうしても上がりきらない音があって気持ち悪い・・・。「POTO」は以前見た時より良かったです。音楽の天使は好き!ファントムは怖い!というのがはっきりとわかるクリスティーヌでした。花代クリスはラストの成長した女性の強さが素晴らしいと思います。

●岸ラウル
10日前の舞台よりかなり頑張ってる!と思いました。なんと言ってもクリスを愛する熱さと一途さがあった。もぅ、それは必死でクリスを追いかけていました。成長の可能性が感じられてちょっと見直しました。気になる部分はたくさんあって、老ラウルのあり方とかラウルのキメポーズとか、まだまだ道は遠そうだけど・・・5年後位が楽しみ。今は無理して肩乗せリフトはしなくても良いと思いますよ。(笑)


●特別カテコ
幕の前での支配人2人の挨拶の後、幕が開き、All I ask of youでバレリーナたちのバレエ。とってもかわいい~ここでクリスとラウルが歌わないで本当に良かった。
メインキャストのひと言づつのリレー式挨拶のあと、キャストが客席にも散ってマスカレード。華やかで楽しかったです!最後に舞台中央に高井ファントム登場。歌わなくても語らなくても、立っているだけでの怪人としての存在感、本当に素晴らしかったです。

<大阪:5回目>

2008/04/30(水) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

kiko

当日はお会いできなくて残念でした。
高井ファントムには本当にハラハラしちゃいましたね。
数日経った今、ハラハラした記憶しかないくらいです(涙
カテコの高井ファントム、BOISさんには
孤高なファントムに見えましたか。
別々に見ていた私と友人、その友人は
キョドってる高井さんに大ウケだったんです~。
20周年のプレートと共に一人で登場した時、
一瞬ひるんじゃった表情に笑っちゃいました。
カーテンから一人で出てきた時も
どうしていいかわからない状態になって固まった後、
こそっと「あ、じゃあ」と言って手を挙げてました~。

2008/05/04(日) 01:59:50 | URL | [ 編集]

BOIS

>kiko様
高井さんキョドってましたか?
正直、切なすぎてあまり直視できなくて・・・。でも「POTO」をバックにジャーンと登場した時は、おおぉーって感じで素敵でしたよね!キョドっているというよりは困惑している感じで、なんかもう、早く引っ込ませてあげてーと思っていました。
何であんな状態で舞台に立つことになってしまったのか・・・
喉、声・・・涼太さんといい、酷使されている役者さんが心配です。

2008/05/04(日) 11:10:25 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/531-15e09160
 |  HOME  |