FC2ブログ

オペラ座の怪人2周年♪

平日の昼間だというのにどうしてこんなにここに人がいるのか不思議~と思いつつしっかりとそこに居る私。今日は「オペラ座の怪人」東京公演2周年記念日です。

今日はせっかくの記念日なのになんだかバタバタになってしまいました。劇場到着もぎりぎり。トイレの長い列に並び、席につくとすぐにも開幕。心を落ち着かせ開幕を待つ余裕も全くなし。休憩時間も食べ損ねたお昼のおにぎりを食べてたら終わってしまったし。今日一緒に観た友達は久しぶりに会ったから話したいことも沢山あるのに舞台の話もしたいし、どちらも中途半端で不完全燃焼。今度改めて語りましょう~!

今日は2周年という事で記念品を頂き、特別カーテンコールがありました。
記念品はどこかで見たことがあるシルバーのチャーム。絶対まとめて安く仕入れたに違いない。でも羽の仮面よりはずっと良いか。後ろにちらっと見えるのは四季の会会員募集のチラシ。「オペラ座の怪人」は涼太さんラウルです!気がついたら気軽に捨てられなくなってしまったよ~

DSCF5430.jpg

特別カテコについて。
まず、オーヴァーチュアが流れ幕に仮面が映し出されます。青と緑のライトに浮かび上がったシャンデリアが明滅し、一瞬の静寂の後幕の中央だけが開き、サルのオルゴールが哀しげにマスカレードを奏でます。オルゴールが止まったところで幕が全て開きイルムート3幕のバレエ衣装をつけたダンサーさんがお花を持ってダンス。そしてファントムを除く全員でマスカレードを歌って下さいました。おおっー!!涼太さん、2007年四季カレンダーばりにくねくねしてるー。ラウルとクリスの立ち居地が逆なだけで落ち着かない~平面で踊るマスカレードに違和感~!(←うるさいっ)そして、マスカレードが終わると後ろからゆっくりと高井ファントムが登場し中央へ。ここでもう一曲!かと思いきや、特になし。(残念!)2列目中央からすすっと林ルフェーブルと深見レイエが進み出てご挨拶がありました。挨拶の途中拍手で声がかき消され、拍手が止むのを待つ場面も。初演以来全国各地を回っている「オペラ座の怪人」ですが、2年続いたのは汐留が初めてだそうです。これからも「オペラ座の怪人」をどうぞよろしくお願いします。との事でした。幕が閉まり、追い出しの音楽になっても拍手は止まず、その後3回出てきてくれたかな?最後は手を振ってバイバイが2回。高井さんがゆっくりゆっくり下がりながらちらっと両手を振ったのに周囲からはあたたかな笑いがおこっていました。私も2階の後ろの方から両手で手を振っていましたよー。(主に下手に向かって)

さて、2周年記念日の公演。どこがどう・・・って説明するのは難しいのだけど「何かが変わった」という印象。すっごく勝手な想像(妄想?)だけど、改めてお稽古で上からきっちりダメを出されたという感じ?みなさん言葉の強弱や演技のメリハリがすごくあってセリフの意味がしっかり表現されていたような気がしました。大きく変わったわけではないけど、とっても良くなったと思いました。

●高井ファントム
歌い方・・・変えましたか?出だしからマイクの音が大きかったと思うのですが、涼太さんラウルに対抗する手段でしょうか?「おい~でエンジェル・オブ・ミュージック」の‘ック’がいつもより強いのが気になりました。ここは佐野さんもいっつも強く発音するので、多分どなたかの指示なのだろうと今回思いました。そして「PONR」では一瞬すんごい違和感が・・・歌詞、間違えた訳ではないよね?歌は全く調子良さそうでは無いけど、高井さんについては上手くて当たり前になってしまっているので私の中で「すごく良かった!」と思うハードルが高くなってしまっているのかもしれない。それでもラストの怪人の隠れ家では今まで以上に迫真の演技でとっても良かったです。これが‘高井さんが壊れた’と言われる状態なのかしら?と思うほど力が入っていたと思う。

●西クリスティーヌ
やっぱりとっても好きな声です。「Think of me」のカデンツァの最初に音が上がりきらなかったので一瞬ひやっとしましたが最後はこれでもか~というくらい伸びていたので、‘一瞬のひやっ’は忘れてしまいました。演技もとっても細かく丁寧になって楽屋のシーンなんて誰よりも自然で1番好きかも。ラストの怪人の隠れ家ではラウルをかばって両手を広げるところなんて必死さでひっくひっくしていたのにぐっときました。(他に表現はないのか?)本当に勝手な憶測だけど、どなたかに評価されて、記念日公演にも出演してすごく自信を持ったのではないかと思う。主役のオーラを感じたし、堂々と自信を持って‘西さんのクリスティーヌ’が演じられていたと思います。拍手。

●涼太さんラウル
↑でも書いた通り演技、セリフのメリハリがとっても良かったです。「オルゴールこれ、だ」とかすごく印象的でした。クリスの楽屋を訪ねる時の「皆さん、ここはぼく1人に任せてくれないか」の‘皆さん!’ははしゃぎすぎ。押さえて、押さえて~。いや、しかし今回1番ヒットだったのは「あいつは天使ではない~」とクリスの手を取り跪くところ、取りあえず非常に普通でした。やっぱり誰かに何か言われたに違いない。(「クリスティーヌ、クリスティーヌ任せてくれ~」のところはあと少し!がんばれ。)それにしても涼太さんが決めセリフ(「最後は勝利だ!」とか「今度泣きを見るのはお前の方だ!」とか)をいう時の体斜め45度が非常にかっこいいです。
いやもうホント、たまりません。(←バカ)

●荒井メグ・ジリー
かわいいですねー。クリスが「Think of me」を歌う時、頑張って!という感じでクリスの腰をぎゅっと抱きしめるのがすごく気持ちがこもっていて良
かったです。

●黒田カルロッタ
初見です。衣装がまだ真新しいです。ぴかぴか(笑)。見た目の違和感はありませんが・・・歌はまだふらふらだし、セリフの声も低めで正直なところ可愛くなーい。カーラの‘かわいい我がままっぷり’がちっとも表現できてなくてがっかりです。「プリマドンナ」の最後は間が抜けた感じになってしまいましたがあれで良いの?あ、ドンファンではリンゴを落としてしまいました。落としたのはまぁ仕方ないとしても・・・拾い方がエレガントでなくてうーんって感じ。何も今週から出さなくても・・・と激しく思ってしまいました。でも、お友達が言っていたけどクリスとプリマドンナを争うには違和感ない感じ?!確かに・・・見た目的にはそうかもしれない。

いや、それにしても今日は濃い1日でした。帰りの電車で乗り過ごすくらいとっても楽しかったよー。

<海:24回目>

2007/01/12(金) | 四季-レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |