FC2ブログ

Chandeleur~クレープの日~

crepe.jpg2月2日は「シャンドルール」のお祭り。
簡単に言うと「クレープを食べる日」です♪

フランスでは2/2は「聖母マリアのお清めの祝日」で「春の到来と家族の幸せを祝し、願いの成就を祈ってクレープを焼き、みんなで食べる日」なんですって。

どういう事かと言うと・・・。


2/2は聖母マリアがイエス・キリストを連れてエルサレムの神殿で初めてお清めを受けた日なのです。聖母マリアに抱かれたキリストが人類の光となることを予言され、それを祝して光(太陽)と同じ形のクレープを食べてお祝いしたのだそうです。人類の光であるキリストを光り輝くキャンドルに重ね合わせ、「聖燭祭」と呼ばれます。この日はキャンドルの火を絶やさないとか、キャンドル行列が行われたりするそうです。

※Chandeleur(シャンドルール)とはChandelle(英:キャンドル)が語源。

また、この季節は農家にとっては農耕再開の日でもあり、前年に収穫された小麦粉を使って丸く太陽の様な形をしたクレープを焼いて豊穣を祝う習慣があったそうです。

この二つの習慣が合わさって2/2は「クレープを食べる日」となったのだそうです。

クレープ占いというのもあって、左手にコインを握り右手だけでフライパンを持ち、きれいにクレープをひっくり返すことができるとその年は幸運に恵まれる、と言われているそうです。
ナポレオンもこの占いをしていたそうですよ!

そんな話をちょうど本で読んだところだったので、今日はクレープを食べるぞ!と決めていました。

まず最初に向かったのは銀座の「クラブNYX」。なんと・・・昨年末で閉店。がーん・・・。じゃあ、近くの「アンリ・シャルパンティエ」でクレープ・シュゼットを食べる?とちらっと思ったけど、求めているイメージと違うのでスルー。途中、京橋の「100%Chocolate Cafe」で今年の義理チョコ 季節のご挨拶チョコをゲットし、さらにクレープ、クレープ・・・と「Paul」「Viron」とフランス系のパン屋を覗いてみたけど無い。「ヴァンピックル」へ行けば食べれるだろうと思っていたのに、なんと昼のクローズ時間だった!うぇーどうしよう・・・。新丸ビルの成城石井で材料を買って家で作ろうかと思ったけど、やっぱり面倒。神楽坂の「ル・ブルターニュ」へ行く決心をし、最後にと覗いた「DEAN&DELCA」でガレット発見!!やったあ!

「DEAN&DELCA」ではそば粉のクレープ(ガレット)のみでした。この際OK。甘いタイプは1種類で砂糖にレモン&バニラアイスクリーム。ふちがカリカリに焼けていて美味しかった~。歩きまわった後だったのでまた格別に!
(その熱意でジムに行けと友達に言われた・・・うっ。)

何で、銀座から丸の内へ向かったかと言うと丸ビルで開催中の「リューバ」展を見ようと思ったから。2/3が最終日なだけあって、1時間待ちの行列。どうしようかと思ったけど・・・挫折しちゃった。。。
でも、本来ならまだ深い氷の中に埋まっていたはずの凍結マンモスが地球温暖化により発見されたということ。その事実が未来からのメッセージであるという説明文を読むだけでも温暖化の問題が身近に感じられてぞっとしました。

2008/02/02(土) | 食べ物 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/477-17dd38d5
 |  HOME  |