FC2ブログ

シェイクスピア vs バーンスタイン

シェイクスピア全集 (2) ロミオとジュリエットシェイクスピア全集 (2) ロミオとジュリエット
(1996/04)
W. シェイクスピアWilliam Shakespeare

商品詳細を見る

今さらですが、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を読みました。
子供用が見つからなかったので読み易そうな松岡和子訳版をチョイス。もちろん、「ウェストサイド物語」が「ロミオとジュリエット」を下敷きに作られているから。

相対するモンタギュー家とキャピュレット家。ティボルト(キャピュレット)とマキューシオ(モンタギュー)の喧嘩のシーン、君を愛する理由があるとティボルトの挑発にのらないロミオ(モンタギュー)・・・ロミオの停止にもかかわらずティボルトはマキューシオを刺し殺してしまう。マキューシオを殺したティボルトを殺してしまうロミオ・・・なるほど。ベルナルドとリフの喧嘩とそれを止めに入るトニーにそのまんま重なります。
でも、同じなのはここだけだなーという印象。
「ロミオとジュリエット」ではみんなが死んでしまい、残されたのはモンタギュー家の当主(ロミオの父)とキャピレット家の当主(ジュリエットの父)だけ。憎しみの連鎖は若者たちの死で幕を下ろしたかと思いきや、両家には後継ぎが無く、近い将来両家は途絶えてしまう運命。ううっ、暗くて未来のない物語。これに対して「WSS」ではマリアは死なないし、アニタは自らの恋人を殺されたにもかかわらず、憎しみの連鎖を止めようとする。トニーの亡骸を前にジェット団とシャーク団には和解の兆しが。「WSS」の方が未来に向けての希望の余韻が残ります。(暗いけどね)

巻末には戦後日本の主な「ロミオとジュリエット」上演記録がのっていました。1986年には劇団四季でも上演しているという記録があります。
市村ロミオ、保坂ジュリエット、川原マキューシオ、丹乳母ですって!

 

ざっと役柄対比表作ってみました。

キャラ的にはベンヴォーリオがリフでマキューシオがアクションって感じだけどね。エイブラハムとサムソン、グレゴリーはプロローグの喧嘩シーンをイメージしてみましたが、この辺は特に誰というのは難しい。

マリアが大公さまを兼ねてるのは確かにすごい!!

 

ロミオとジュリエット

ウェストサイド物語

ロミオ(モンタギュー)

トニー(ジェット)

ジュリエット(キャピュレット)

マリア(シャーク)

マキューシオ(モンタギュー)

リフ(ジェット)

ベンヴォーリオ(モンタギュー)

リフ(ジェット)

バルサザー(モンタギュー)

エニイボディズ(ジェット)

エイブラハム(モンタギュー)

A-ラブ(ジェット)

ティボルト(キャピュレット)

ベルナルド(シャーク)

乳母(キャピュレット)

アニタ(シャーク)

サムソン(キャピュレット)

ペペ(シャーク)

グレゴリー(キャピュレット)

インディオ(シャーク)

パリス

チノ(シャーク)

ロレンス神父

ドック

エスカラス大公

マリア

2007/12/07(金) | 読書 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

マッシュ

あっ私も自分で買ったのは松岡版です。
リフはベンヴォーリオも兼ねていると思います。
あとBジョンとアクションがサムソンで、Aラブとディーゼルがグレゴリーに重なるなあと。
それからせっかくなのでチノ≒パリスで読むとしっくりきます。
初見のとき、ラストのマリアは大公様の役割も果たしていてかっこいいー!と感動しました。

マニアックな話ですみません。こういうのを自分とこに書くべきですね(笑)

2007/12/11(火) 00:53:01 | URL | [ 編集]

BOIS

>マッシュ様
ありがとう~!!誰が誰に当たるかをまとめようと思いつつ中途半端に止まっていて。おぉ~!確かにマリアは大公さまも兼ねてるね~すごーい。リフはマキューシオとベンボーリオと兼務か・・・。なるほど、それもアリかも。後はバルサザーがエニボディズで乳母がアニタ、ロレンスがドック。でもでも、サムソンとグレゴリーはキャピュレット家の召使じゃなかった?あれ?私も引き続き考えてみます~

2007/12/11(火) 01:09:01 | URL | [ 編集]

マッシュ

ぎゃっ
そうでしたジュリ恵側でした。
あのBジョンの、ケンカ売ってるけどへっぴり腰、な感じがばっちりサムソンだったのでつい。
ロザラインはいなくてショックでした。

2007/12/11(火) 01:38:46 | URL | [ 編集]

BOIS

>マッシュ様
うんうん、冒頭の掛け合いはまさにBジョン&Aラブって感じよね~
ロミオもジュリエットに出会う前はロザラインに恋煩いしてたのよね。どんだけ惚れっぽいんだ・・・と唖然としました。

2007/12/11(火) 22:49:30 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/438-2949bfdf
 |  HOME  |