FC2ブログ

魔女は魔女でも

「イーストウィックの魔女たち」を観て来ました。

簡単に言うと30代の女性たちが生きる意味を探し、自己実現を目指し、紆余曲折を経て見つけた答え、欲しいものは全て自分自身の中にあった、というお話らしい。(要するに青い鳥?)それをブラックな味付けでコメディに仕立て上げた作品の様です。表現方法が下品なので私はあまり好きじゃないかも・・・。「WSS」のレイプシーンは必要な場面として受け入れることができるけど、こういう下ネタ満載って感じのは苦手です。

と・・・まぁ、ストーリーのはちゃめちゃぶりは置いておいて、豪華な衣装、レーザーいっぱい使った演出、フライングなどがとっても華やかな舞台でした。フライングは主役の3人(森公美子、涼風真世、マルシア)が客席にまで飛び出して1階S席の頭上を空中遊泳。これは結構すごかった!

場内アナウンスも出演者によるもので面白かったです。
指揮者の塩田さんのおじぎに続き普通に舞台が始まるのかと思いきや、塩田さんが観劇の注意を面白おかしく説明し始めて。(これが休憩後にもあった・・・ちょっとクドイかも。)手拍子の練習をしたり、最後に一番大切なのは拍手です!って言われたためか全編通して観客ものりのりで拍手が多かったし、手拍子も揃っていました。
塩田さんはさすがのエンターティナーっぷりで、テニスウェア姿を恥ずかしがる森スーキーに出ておいでっていうジェスチャーをしたり、カテコでは役者さんが捌けた後、両腕を広げてカモンカモン!ってしてたり。舞台監督も兼任なのかと思っちゃった。

●マルシア-アレクサンドラ
この間「アイーダ」を観たばっかりなので、マルシアさんのアイーダってどうだろうって目線でみちゃいました。すっごく細くてスタイル良くてどんな衣装も着こなして超格好良いです。惚れ惚れしちゃいました。でも、セリフはやっぱり発音が気になる。

●涼風ジェーン
この人、どういう人なのか良くわかりません。真面目なのか淫乱なのか・・・。真面目な顔してこういう人、実はそこら辺に結構いるのかも、とスパムメールを見てると思う・・・。

●森スーキー
「スーキー」って呼んでいるのを「好き!」って言ってるのかと勘違いしていました。昼間っから街中で不倫のくせに大胆!とか思っていました。

●陣内ダリル
何故この人に皆が夢中になるのか・・・疑問。あ、魔法か。
最前列に座るともれなく握手が出来るみたいです。

●大浦フェリシア
この舞台で唯一共感できる人でした。(嫌われ者なのにー)
電話でおしゃべりしながら踊るダンスがかわいかった!

●安原クライド
なんか・・・森本レオにしか見えませんでした。
ディスポーザーに吸い込まれて死んじゃうなんて可哀想。

●皆本ジェニファー
中川くんと一緒にもっと歌を頑張りましょう~。かわいかったけどね。

●中川マイケル
よくキャストを見なかったので最初井上芳雄くんかと思いました。歌い出したら一発で違うってわかったけど・・・似てる!(そう思ったのは私だけじゃなかったよ!)

●及川フィデル
セリフは「良かったね」のひと言だけ。でもすごい存在感でした。怪しくて面白い。

●小比木-少女
「あんた誰なのよ!」って言われちゃう不思議な存在。オープニングのソロから始まってなかなか重要な役です。はっきり言ってこの舞台で1番歌が上手だったような気が・・・。

●アンサンブルに元四季の小暮清貴さんがいました。元ミストフェリーズですって。他には「マンマミーア」に出ていた福麻むつ美さん!元四季というより元ヅカらしいですが。

2007/10/16(火) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/412-2c503751
 |  HOME  |