FC2ブログ

WSS誕生50周年記念公演

午前中に劇団四季公式ホームページで新しい「キャスト・スタッフページについてのお知らせ」が発表されました。9/3に廃止されたキャストボックスに変わり、キャスト・スタッフ欄で出演情報を掲載するというもの。まぁ、これにも思うことは沢山あるのだけどひとまず、今日の「ウェストサイド物語」は涼太トニーらしい事がわかったのでそこだけは良かった。だって、チケット持ってるんだもん。るん♪

数日前に公式に発表された「ウェストサイド物語 作品誕生50周年記念特別カーテンコール」。WSSはいつも地味~なカテコなので、たまにはパ~ンと明るいカテコが見たいな、と思ってチケットを押さえました。今日は元々別演目を観に行くつもりで予定が空けてあったのでちょうど良かった。

同じ様な考えの友人が沢山いたようで、劇場はまるで‘涼太後援会緊急総会’の様でした。(勝手に後援会入りさせられた方、スイマセン。)
みなさん、お世話さまでした☆

【特別カーテンコール】
通常のカテコ終了後すぐに幕が上がり、舞台中央上部に「50th ANNIVERSARY WESTSIDE STORY」という看板。加藤敬二さんが列から一歩前に出てご挨拶。その後全員が舞台に散らばり「Dance at the Gym」の音楽でダンス!!本編の様にがんがん踊るわけじゃなくてゆるーい感じのダンス。涼太さんと笠松さんは一段高いところに駆け上がって踊っています。みんなバラバラの動きをするので涼太さんが両手をグーに上げ、足を折ってジャンプした時もそういうものだと思って見ていたのですが・・・。そのちょっと後に全員で同じジャンプをした瞬間に、あっ~さっきの間違えたんだ~と確信しました。(間違っていなかったら涼太さんごめんなさい!)ジェットもシャークも入り混じった‘仲良しダンス'が見られたのは良かったけど、こ・・・これだけ?!と思ったことも事実。でも、幕が下りると立岡ドックが幕の前に残り、舞台の中央でクラッカーをパンッと鳴らして〆。見事に閉まりました。これは文句は言えないなー。
その後も何度か幕が開き、みんな笑顔で大きく手を振って。涼太さんは笠松さんと手をつないだまま片手で大きくバイバイしながらはけていきました。(ちょっとじぇらしー)

「麻薬」の様な舞台のおかげで「心が豊か」になりました。
あぁ、しあわせ~。何か文句ある?


今日は母と一緒の観劇だったので、舞台の前にかるーくご飯。「新亜飯店」でショーロンポーと焼きそばをいただきました。いかにショーロンポーのスープをこぼさずに食べるか?を研究ながら。もう少しで正解が出そうなんだけど・・・。もたもたしていたら時間が無くなってしまい、結構あせって食べる事になっちゃって・・・ごめんなさい。

070926.jpg

で、舞台の後の母の感想は・・・ダンスはすごいけどお芝居はどうなの?って。
やっぱり最後の「チノー!俺を殺せ!」が弱いのかな~。あそこで鬼気迫る「チノー!」に続いて、絶望的に「俺は待っているんだ・・・お前が俺を撃つのを・・・」ってメリハリがあると締まると思うんだけど。悲壮感はよくよく出ていると思うので、あと一歩迫力があると良いな~。
って、別に母は涼太さんのお芝居のことを言った訳ではないのだけど。時々笑ってたし、銃声に驚いたり、なんだかんだ言っても結構楽しんだのではないでしょうか。

今日の涼太さんの歌はパーフェクトだったと思います。上手く高音もコントロールしていたし。(明らかに裏声の高音が弱いのが残念・・・)私の耳が2.0で良かったです。(笑)
ホント、観るたびに進化しているので(今日は脚立の端を必死で掴む事もなかったし!)もっともっと素敵なトニーになると思います。それも楽しみ。

<WSS:5回目>

2007/09/26(水) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ちゃ~こ

麻薬のような舞台で、心豊か…
よかったです~そうでなくっちゃ!文句なんてないないっ!(笑)

耳が2.0で良かった…(^^)確かに♪
私もこの前の観劇では、2.0でした!
いいないいな~特別カテコ。動画で我慢です。

2007/09/29(土) 22:43:44 | URL | [ 編集]

BOIS

特別カテコにつられて行ってしまいました。
動画、良い位置に某方が写っていて福眼でございますぅ☆
でも!特別カテコ、本当にあれで「全て!」ですから~。
もうちょっと・・・ねぇ・・・。

2007/09/30(日) 23:04:51 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/399-b530a581
 |  HOME  |