FC2ブログ

Tonight 今宵だけはいつもと違う夜

9月19日(水)17:59に友達からメールが届きました。「涼太トニーデビュー!」ええっ~きょ、今日?!でも、その瞬間、秋劇場行き確定。もちろん今すぐ出かけられる訳じゃないし、遅刻(それもかなり大幅に。)するけど・・・これから先何度も涼太トニーを見られたとしても、デビューは今日だけ。やっぱり行くしかないでしょ。

「作品主義」を標榜する四季では私の様に完全にキャスト目当ての客は歓迎されないらしい。だからこそ、私は私のスタイルで観てやる!とちょっぴり意地で駆けつけた、というのもあります。
今日はアンケートが入っていたので「トニー役の方が変わったと聞いて来ました。先週までの方とはまた違った魅力がありとっても良かったです!」って書いてきました。宣戦布告?(その応えが今日(9/20)の阿久津トニーだったりして・・・?)

ちょっと話がそれました。
涼太さんのトニーは全体とのバランス(対リフ、対マリア等)も良く、どこか「影」がある雰囲気がトニーらしく、歌ももちろん良いし、何で初日から出さないの?って感じの出来栄えでした。最近の涼太さんはしっかり仕上げて出てくるので期待を裏切ることがありません。成長したな~としみじみしちゃいます。(←何様) 贔屓目も入っているとは思うけど、反論は受け付けません!

以下涼太トニーレポ。長いよ! 

【America】
私が到着したのはちょうど「America」が始まるところでした。大好きなシーンだから良かった~と思ってわくわく観ていたんだけど・・・。途中でふと気が付いた。「America」の前が「Tonight」じゃん!トニーとマリアのデュエット!超見せ場を見逃した!が~ん。次回のお楽しみ!!

【Cool】
アメリカ→ドラッグストアと場面が移り・・・なかなかトニーが出てきません。そして、セットの後ろに影が走って、トニー登場!「ハイ、ドック!」きゃぁ~本当に涼太トニーだぁ~!緊張して手に汗を握ってしまった。

上から見下ろす席だったので表情まではなかなか見えなかったけど、ドックに「どこに行ってたんだ?」って聞かれて「月の世界に行ってたんだ。月にはかわいい女の子がいるんだよ。ブエナス・ノーチェス!」って月を仰ぎ見るように上を向くのでキラキラ恋する涼太トニーの顔が見えました。うわっ、この席で良かったよ!と思った瞬間でした。(笑)

【One Hand,One Heart】
さて、続いて結婚式のシーンです。
仕事を終え、アニタがマリアに「帰ろう」と声をかける。樋口アニタのその言い方がとってもかわいいのです。そこにトニーが登場してびっくりしつつも「15分以内に帰るのよ」って二人きりにしてくれて。本当に良いお姉さんって感じです。

いよいよ涼太さんの歌です!「One Hand,One Heart」
出だしは優し~く丁寧にだんだん強く大きくなって、想像通り笠松マリアの声と合う!ハモリもとってもきれいなバランスで本当にうっ~とりしました。涼太さん、やるじゃん!
そして最後はキスシーン。ラウルの時と同様に左手で頭をがしっと抱えて。そのまま暗転。うーわーマリアになりたーい。溶けました、私・・・。

しかし、ここでマリアに「決闘を止めて!」と言われた事で運命の歯車が悲劇に向かいぐんと進んでしまうんだなぁ。男の子たちのする事なんだから喧嘩くらいさせればいいのにっ!

【Tonight 五重唱】
3回観た内で1番重厚で迫力のある五重唱でした。ちゃんと涼太さんの声も存在感がありました。さすが、さすが。

【The Rumble】
1幕のラスト「決闘」シーンです。
シャーク団のメンバーが華麗な跳躍でフェンスを飛び越えます。
ここで、また大失敗!!ジェット団の萩原さんと岩崎さんをどっちだー?と注目して見ていたら・・・トニー登場してた・・・。何やってるの!私!!涼太さんのフェンス越えを見そびれた~(ばかっばかっばかっ)でも、もう一回フェンス越えあるもんね、と思い直し以後、トニーに注目。

喧嘩を止めるトニーに挑発するベルナルド。加藤さん、どつき過ぎじゃありませんか?そんなベルナルドの挑発に乗ることなく毅然と立ちはだかる姿が素敵でした。そしてベルナルドを刺してしまう一連の流れ・・・誰がやってもクサくなってしまうシーンかな。仕方ないよ・・・。うん、うん。そして、逃げる。さぁ、フェンス越え!およよ・・・足は上がらず、ばらっとして、想像通りの涼太さんらしいフェンス越えでした。(爆)(あ、一応ちゃんと飛び越えてます。念のため)

※終演後お会いしたお友達に確認したところ、登場の時は

「高さもあり、きれいに決まった。」

そうです!そうなんだー良かった。(喜)これもまた次回ちゃんと見なくちゃ。(脚立もベランダもフェンスも見そびれるなんて。肝心なところ何一つ見てないってことじゃん・・・がーん)

【素敵な気持ち】
マリアとシャーク団の女子(ロザリア・コンスェーロ・フランシスカ)で歌う「素敵な気持ち」。このナンバーもかわいくて大好きっ!

そこに血まみれのトニー登場。トニーを見てすぐに「人殺し!」と叫ぶマリア・・・それってどうなの?もう少し「本当なの?」とか「何があったの?」とか・・・トニーに聞こうよ。マリアがチノの言う事を既に信じてるのがちょっと嫌。

【Somewhere】
現実の世界を抜け二人で思い描く理想郷。幻想的な「Somewhere」
涼太さんのバレエっぽい踊りは今まで見たこと無いかも。背中を見せて踊るところ型がきれいでした。リフトもばっちり。ちょっと安心しました。
ソプラノソロはここの場面で歌を影で歌うだけ。せめてオケピの端に立つとか・・・そうでなければ録音で十分な気が。否、贅沢だってことでしょうか?ソプラノソロの方ってカテコにもいないよね?

【A Boy Like That/I Have A Love】
現実に戻るとベットの上で寄り添う二人。
アニタの登場にドラッグストアで落ち合う約束をして逃げるトニー。トニーがいた事に気がついたアニタが「トニーは敵なのよ!」と諭すけれど結局は「愛し合うそれが女の幸せ」だと。トニーを愛するマリアの気持ちを理解するアニタ。愛するベルナルドを殺したトニーなのに・・・。なんて懐の深い人なんだろう。アニタの気持ちを考えると泣けてきます。その後のドラッグストアでの展開も!ひどすぎる!ジェッツ!!

いよいよクライマックス!!
地下室に隠れているトニー。ドックからお金をもらうタイミングが涼太トニーと阿久津トニーだとちょっと違う。涼太さんの方ががっついてる感じで切羽詰まって良いかな。その後の夢見がちなセリフはあんまり好きじゃないけど。ドックからマリアが殺されたと聞かされ、「チノ!」「チノ!」と叫ぶのは・・・もう少し研究して下さい。

【Finale】
飛び出した深夜の街でマリアとトニーが出会い二人が駆け寄ろうとしたその瞬間!銃声。ここ、毎度びくっとしちゃいます。チノがもう少し舞台の前方から出てくると迫力が増す様な気がする。だって撃つ角度おかしくない?
涼太さんの瀕死の演技、良かったと思います。
トニーが死んだ後、対立するツジェット団とシャーク団の面々にマリアが叫ぶ「やめなさい!」の迫力にびっくりしました。ど、どこでアニタが叫んでいるの?(キョロキョロ)と思った程の大迫力でした。
泣き崩れたマリアにベイビー・ジョンが黒いショールをかけるのが良いですね~そして、立ち上がって毅然と葬列につながるラストもとっても良いです。運ばれていく涼太トニーの亡骸も首が少し外になってとても自然な死体でした。(笑)

【カーテンコール】
カテコでは精一杯「おめでとう」と「お疲れ様」の気持ちを込めて拍手してきました。WSSはいつも神妙なカテコだけど、最後にはちょっとくだけて、松島リフと西尾アクションがジャンバーの「J」をぐいって見せて、涼太さんも胸の高さで小さく両手でバイバイ。ちょっとほっとしたようなはにかんだ笑顔で。かわいくて笑っちゃいました。最後に微笑ましいシーンを用意してくれてありがとう、涼太さん!とっても素敵なトニーでした。
今度はちゃんと最初から最後まで観に行きます!ええっ、近いうちに、必ず。

<WSS:3回目>

2007/09/20(木) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(7)

«  |  HOME  |  »

らすかる

BOISさん、詳しく涼太トニーのレポをして下さってありがとうございました。読ませて頂いていると、トニーと涼太さんがしっくりとしているように思えましたが如何でしょうか?これは、阿久津さんに代わってトニーを涼太さんの代表作にして頂きたいですね。
デビューに立ち会えたBOISさん、とてもラッキーでしたね。
とても遠征したい衝動と戦っています。
今に不安定な出演では遠征は怖いですね。
BOISさんの、レポをまた楽しみにしています。

2007/09/22(土) 02:03:17 | URL | [ 編集]

ゆぴ

突発だったんですね!
それにしても、まさにレアな(いまのところ)ご出演・・・
次回は絶対に涼太トニーで観たいと思っています。
絶対に雰囲気があいそうだし、パンフ見てもすごくよかったし。

それにしても、涼太さんは「エンジェル」がばっちり似合っていた頃(今でも似合うと思いますが)から、格段と「オトナの男」っていう感じになりましたよね・・・(と、わたしも何様目線ですが、汗)

2007/09/22(土) 11:54:21 | URL | [ 編集]

peponi

トニーデビュー公演、観て来られたんですね〜。
レポ楽しませていただきました。
BOISさんがとろけたシーンを想像して、私もとろけかけました。。。
幻じゃなく、本物の涼太トニーに会いたいものです…。

> 私は私のスタイルで観てやる!
いいですね、この考え方。
楽しみ方も観劇スタイルも感想も人それぞれでいいんですよね。

2007/09/22(土) 15:08:30 | URL | [ 編集]

BOIS

>らすかる様
デビューを観れた事は一生の宝物です。(大げさ?)
涼太トニーしっくりしていましたよー。
キャストが安定してきたらぜひぜひ東京へもお越し下さいね。

>ゆぴ様
その節は失礼いたしました。
そうなんです・・・。突発だったんです。
突発できる距離にいるというのは本当にありがたいことだとシミジミ思っています。

ご旅行如何ですか~?で、どこへ行かれているのだろう。。。謎!

2007/09/23(日) 20:40:15 | URL | [ 編集]

BOIS

>peponi様
本当に1度の観劇で数日間は思い出して口元が笑ってしまいます。(いや、今でも・・・)そのくらいとっても素敵でした。
東京の次はきっと京都でしょうから、その頃にはすっかりトニーが板についているのではないでしょうか。楽しみしていて下さいね!
東京へもぜひ!

2007/09/23(日) 20:46:31 | URL | [ 編集]

ミルト

愛のこもったレポ、読ませていただきました!
阿久津さんトニーが苦手だったので1回でいいかな~と
思っていたのですが涼太さんトニーはぜひ見てみたい!
でも、日替わりランチのように変わるのでは難しいですね・・・。
やっぱり、キャストボックス欲しいですね。

2007/09/23(日) 23:21:57 | URL | [ 編集]

BOIS

>ミルト様
涼太さんのトニーからはマリアを大好きオーラが出ているので、阿久津トニーの様に保護者な感じではありません。でも、阿久津トニーの様な華麗なフェンス越えは無いみたい。二人とも違うトニーなのでぜひ、涼太トニーも見てみて下さいね!
来週はシングルになると良いんだけどな~

2007/09/24(月) 18:53:44 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/394-e5f56b67
 |  HOME  |