FC2ブログ

どうしてあなたは遠くへ行くの

ここはどこでしょう?

nana02.jpg‘ナナちゃん人形’と言って、名古屋の待合せスポットだそうです。ここを指定され初めてながらもお巡りさんに聞いたりしてなんとか無事に辿り着きました。名前から想像していた人形と全然違ってでかっ!で、ギャルっぽい!
その上、5月だというのにもうビ、ビキニと浮輪・・・だよ。さすが名古屋。(笑)



DSCF7534.jpgという訳で、京都以来約2年ぶりの「アイーダ」を観に名古屋へ行ってきました。誘っていただかなかったらこんなに早々に名古屋までやってきませんでしたよ。声をかけていただき本当にありがとうございました。


さて、久しぶりの「アイーダ」・・・お得意の四季メソッドでのお稽古の成果なのか、緊張が抜けないのか、代表が来ていたのかどうかは知らないけど、すっごい開口ばりばりの舞台で正直驚きました。そういえば福岡初日の時もそんなレポを読んだ記憶が・・・こなしていくうちにもっと自然になっていくのでしょうけど。それから歌のアレンジも少しあれっ?と思いました。CDとは微妙に違う・・・。アレンジが変わったというほどでもなく役者個人の個性の範囲なのかしら?少し気になりました。

それにしてもせつない恋物語にシャープなダンスと音楽、そして照明。贔屓役者さんがキャスティングされていなくても大好きな作品です。基本「オペラ座の怪人」とか「アイーダ」とかちょっと違うけど「夢から醒めた夢」とか・・・切なくて心がぎゅっとなる物語が好きみたいです。また・・・観に来たいなぁ。それより早く東京へコイコイ!

開演前は劇場近くのかわいいベーカリーカフェ「KAKO納屋橋店」へ案内していただきました。いちぢくのマフィンとドリンクのセットで500円也。

07051102.jpg

帰りの夜ごはん用にパンもお持ち帰り。レーズンとクランベリーが入ったふかふかのバターロールとカレンツが入ったもちもちのベーグル。これがとっても美味しかった!居心地の良いお店でとっても気に入ってしまいました。

お土産はお友達に頼んで買っておいてもらった名古屋名物の‘なごやん’。名古屋ではメジャーなお菓子でスーパーでも買えるそう。ネーミングに惹かれて一度食べてみたかったんだけど、あら?実はPascoだったのね~

駆け足の名古屋ツアーだったけどとっても楽しかった!ご一緒した皆さんお世話になりました~大阪へ寄って「オペラ座の怪人」を観て帰ろうかと相当悩んだけど今回は断念。とんぼ返りで東京へ戻ります。

●井上アイーダ
みんながメイクが上手になったと言っていましたが確かにシャープに見えました。歌もとても力強く、毅然とした感じで「エビータ」効果が出ていたと思います。本当は未見の樋口アイーダを期待していたのだけど、この間まで「エビータ」のタイトルロールとして名古屋で知名度があるであろう智恵さんが来るのは案外自然だったのかも・・・。智恵さんのアイーダからはヌビアの王女としての苦悩が痛いほど伝わってくるところが好きです。ヌビア人に対しての責任感とかヌビア人としてのプライドの高さとかとっても王女っぽい。

それにしても阿久津さんが大きいせいか智恵さんがとっても小さく見えました。「迷いつつ」のラブシーンでは阿久津さん腰曲げて大変そうでした。おしりなでなでも今日は控えめに見えました。(笑)

●阿久津ラダメス
観るたびに進化していると思います。すごく存在感があるしなんだかんだ言っても華があってかっこいい!
以前はあなたが好きなのは戦争だけでしょ、なんでアイーダが惹かれるのかわからん!と思っていたけど今回はそんな戦好きな将軍がアイーダを愛して変わっていく様がよくよく表現されていて。いつの間にこんなに優しい顔を見せるラダメスになったんだろうとほれぼれ。
あんな風に頭をぽんぽんってされたいよぅ。

「この父親にしてこの息子あり」の‘しはー↑いは出来ない!’が何度聞いてもかっこ良くて好きです。

●五東アムネリス
初見です。評判が良いので観てみたかったので嬉しかったです。私のイメージする五東さんのまんまのアムネリスでした。声が超かわいくて透き通った高音で、クセがないまっすぐな歌い方で。天真爛漫で幼い感じの素でボケた(?)アムネでした。これはこれで五東さんのアムネとして完成されているのだと思いますが、ちょっと私の好みではなかったかなぁ~。
アムネはもっと我侭勝手で自分大好きで高慢ちきなバカ娘であって欲しいのです。その方が後半の成長に感動できると思うから。

このミュージカルの中でどこが好きって「真実をみた」で絶望のまっただ中で花嫁衣裳に変わっていくアムネリスです。涙なくしては見れないシーンです。

●大塚ゾーザー
セリフが重くなって貫禄が出て悪っぷりも上がってすごく良いです。ちゃんと阿久津さんのお父さんに見えるんだからすごいよ!でも、歌になると急に声が若くなってしまうのが残念~。ゾーザーだとダンスが少ないのももったいない。以前は「ピラミッドを建てよう」で軍団を従えてバシバシ踊っていたと思うんだけど。変わってしまったのが残念で残念で。

●石倉ネヘブカ
石倉さんのお名前をキャスボに見てびっくり!お辞めになったという噂だったから・・・復活は嬉しい!!
でも・・・今日はちょっとイマイチでした。「ローブのダンス」の‘踊れ踊れ~!’がかすれてしまって。石倉さんがここで外すなんて珍しい。全体的な雰囲気もちょっと変わった様でやっぱり調子を崩しての退団ネタだったのかなぁと邪推。

●中嶋メレブ
もっとコミカルで可笑しい演技をしていたと思うのだけど・・・今日はまだちょっと硬かった様な気がします。「どちらかと言うと声援を送る方が得意です」では笑いが起こっていたけど。そんなことを言ってたのに追い詰められた桟橋では剣を取ってゾーザーに向かっていくんだから、メレブ立派だよ!

●ゾーザー軍団
何故か背の低い人が多くてバランスが悪いような気がしました。軍団は背の高い人でがっつり固めてばっしばっし踊って欲しい。アンサンブルの区別はなかなかつかないのだけど、谷本さんは1枠で背の低い脇坂さんみたいでした。ゾーザー軍団にはやっぱり脇坂さんと朱さんが欲しいなぁ。。。

●前田ファラオ
初見。というか新役ですか?!(あまり自信がありません)ちょっと病気の感じが弱いかな~とは思うけどなかなか良かったです。

最後にちょこっと・・・パンフレットを見ていて思ったこと。
キャスト・・・薄いですよね?!これから名古屋でロングランしようと言うのにこれで回るの?という感じ。アイーダ3人にアムネとラダメスが2人って・・・それも掛け持ちの役がたくさんある方たちでこの先大丈夫なのか不安。

新作「Wicked」では個人的には濱田エルファバ×樋口グリンダが絶対に良いと思うんだけど2人を新作に取られると「アイーダ」が回らなくなる。完璧な舞台を見せるのが四季の務めだったら「Wicked」のためにも「アイーダ」のためにもこの際しばし「アイーダ」封印でも良かったのではないかと思います。休んでる間に新キャス育ててさ。この役者自転車操業状態・・・いつか破綻するのではないかと非常に不安になります。

2007/05/12(土) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

うにゃ

はじめまして。
いつもブログを楽しく拝見しております。
以前、名古屋の劇団四季劇場の近くに勤めていましたので、とても懐かしく思い出しました。
あのあたりは怪しげな建物も多いのですが、これぞ名古屋というような老舗の知る人ぞ知る美味しいお店が多いのですよ。ひつまぶしとかかしわとか。
KAKOは帰省すると必ず行くところで、パンとコーヒーは必ず買って帰ります。
この近所ではありませんが、タナカのお菓子もお勧めです。
またいらっしゃることがあれば、名古屋を楽しんでくださいね。

2007/05/13(日) 07:21:25 | URL | [ 編集]

ゆぴ

早くもアイーダにいかれたんですね!
まさか井上さんで来るとは予想外でした。
樋口さんかなぁ、と思っていたので。
(別に行く予定はないんですけど^^;;)
WICKEDに全力投球しなければいけない時期なので、
やっぱり役者不足が否めませんよね。
公演を減らしてもいいから(あまりよくないか・・・笑)
質のいい演目にして欲しい。つくづくそう思います。
脇坂さん、いいですよね!

2007/05/13(日) 16:58:45 | URL | [ 編集]

BOIS

>うにゃ様
はじめまして!コメントありがとうございます。
わぁ~名古屋ご出身なんですね!名古屋情報嬉しいです。
また名古屋に行った時には参考にさせていただきますね。
美味しいひつまぶし食べたーい!
「タナカ」のお菓子・・・メモメモです。

>ゆぴ様
そうなんですよー早くも行ってしまいました。
阿久津ラダメスに惚れそうでしたよ~超かっこ良かったです。
(いえいえ、浮気はしませんよっ!)
脇坂さんってやっぱり良かったんだなぁ・・・と改めて思いました。
さらに朱さんの幻も見えました・・・。

2007/05/13(日) 21:16:11 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/309-b1380300
 |  HOME  |