FC2ブログ

パリお菓子旅行記③

研修プログラム<春>

◆ルリジューズ

DSCF6684.jpgパリでは本当にメジャーなお菓子らしくどこのケーキ屋さんにもありました。「ラデュレ」ではスミレ色のルリジューズとかピンク色のルリジューズとかあって興味をひかれましたがタイミングが合わず食べることができませんでした・・・。残念。


◆アプリコットのブリオッシュ生地タルト

DSCF6711.jpg‘ピザ’と呼ばれていました。伊勢丹の「be」でも似たようなお菓子が売っています。流行の兆しあり?!
チョコレートを入れたり、カソナードをふったり、シェフのインスピレーションで自由に作ったという感じ。


◆ピティヴィエ

DSCF6940.jpg中に入れたクレームダマンドには小麦粉もコーンスターチも入っていません。水分の多い素材(フレッシュのフルーツとか)と合わせる時以外不要、というのは新発見。



◆ガトーバスク

DSCF6709.jpgバニラビーンズを入れたパートにクレームパティシエールをたっぷり入れて焼いてあります。焼き菓子なので日持ちするのかと思いきや、ダメだって・・・。


◆栗のタルト

DSCF6778.jpgこれが一番美味しかったな~
マロングラッセも手作り。意外と簡単!
サントノーレの口金で搾り出す飾りが絶対流行ってる!練習しなくちゃ!!


◆クール・サント・カトリーヌ

DSCF7264.jpg単なるフルーツケーキなんだけど・・・これを作った時シェフ全くいなかったと思う。これは日持ちするというので日本に持って帰っていただきました。ちょっとパサパサだったなぁ・・・。


◆ビスキュイ・ド・ランス

DSCF6770.jpgこれ・・・正直なところ・・・いつの間にか出来ていたという感じであまり記憶にありませーん!


◆アプリコットジャム
◆すぐりのジュレ

DSCF6910.jpg DSCF6913.jpg

アプリコットのジャムにはバニラビーンズを入れてあります。それだけで今まで食べたことのない味のアプリコットジャムに!
すぐりのジュレはちょっとユルユルだったのでもう少し濃度があっても良いと思う。味は美味しいし色もきれい!
これらはもちろん日本に持って帰りました。

◆トリュフ(チョコレート3種)

DSCF7067.jpgかなり駆け足で作りました。テンパリングはさすがにシェフがしてくれました。チョコレートに潜らせて転がすだけなのに何故か大変な作業なんだよなぁ~。


◆オペラ
毎日少しづつ組み立てていつの間にかオペラが出来上がっていました。大きく作ったものを8等分にして、各自でやったのなんてエクリチュール(文字書き)くらい?お約束のたっぷりシロップはたぶん洋服用(?)の大きなブラシを使ってびっくり!

◆チョコレートムースのアントルメ
組み立ては意外と単純。ジェノワーズにチョコレートのムースを重ねただけです。仕上げがとってもモダンでかっこいい。このグラサージュはなかなか掛け易い配合でした。

DSCF7029.jpg DSCF7049.jpg


◆チューリップ仕立のシャーベット

DSCF6930.jpg
食べられる分だけという事で遠慮してアイスクリームを1クープだけにしちゃったけどもっと食べれたなぁ・・・。イチゴのシャーベット美味しかった~


よくもまぁ、こんなに作ったでしょう?
ほとんどのものはキッチンに置いて帰るか持って帰ってお世話になっているホテルの方に差し上げました。自分では全然食べれなかったなぁ~

2007/03/27(火) | お菓子・パン | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

Madoka

お~ 作ったね!!
このチョコレートのアントルメ卒業テストだったのぉ~。
グラサージュまで作って大変だったのを思い出した。
あの頃も楽しいかったな♪

2007/05/18(金) 15:31:52 | URL | [ 編集]

BOIS

>Madoka様
ずいぶん作ったよね~こんなにたくさん本当にできるか?と思っていたけど出来ちゃうんだからスゴイ!チョコレートのアントルメ、テストだったの?!これかっこいいよね。このグラサージュ(シェフが作った)かけやすかった!

2007/05/18(金) 23:16:26 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/295-e5d5643c
 |  HOME  |