FC2ブログ

月曜お昼のワインレッスン5回目/2020

9月のワインレッスンは垂直テイスティング(同一生産者、同一ワインの異なるヴィンテージを比較試飲する事)でした。

2020091401.jpg

①AOCポイヤック 1999年 シャトー・ゴーダン(右)
②AOCポイヤック 1997年 シャトー・ゴーダン(左)

ぱっと見は同じような色合いで、どちらも20年を超えたワインですが・・・よーく見てみると、1997年の方がオレンジ色がかっていて、端が透明になっている。熟成が進んで飲み頃を思わせる。

99年は渋みも酸味もしっかりあって、力強くガツンとした印象。いかにもボルドーって感じでした。97年は2年しか違わないのに、渋みが溶け込んでシルキーな感じと先生は言っていたけど、私は薄くて物足りないって思ってしまった。ボルドーって言うよりブルゴーニュっぽい印象でした。(否、ブルゴーニュ大好きなんだけど)

年によってぶどうのポテンシャルがそもそも違うので、99年のワインが2年後に今の97年の様になるとは思えないそう。99年は果実香もあり、腐葉土、獣臭さなども感じたけど、97年は果実香はあまり感じられず、枯れ葉、腐葉土などの熟成香が中心で、スワリングをしたら逆に香りが飛んでしまった。同じワインだけどこうも違うんだっていう事、一期一会を感じました。

でも、ニューワールドのワインでは同じ品質の同じ味を目指して作っているので垂直テイスティングの面白さはあまり無い。作ろうとしているものの方向が違うから仕方ない事。いつでも同じ味のワインを飲める安定、安心感と一期一会。どちらがいいとは決められないね。

今回ワインに合わせたのは豆と牛肉とポルチーニの煮込み。

2020091402.jpg

ランチにいただいたのは自家製サルシッシャときのこのクリームソースのパスタ。

2020091403.jpg

ワインは99年が好きだったけど、97年のワインの方がお料理には合っていたかも・・・。

2020/09/14(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/2876-3fa462d2
 |  HOME  |