FC2ブログ

JUDY 虹の彼方に

2020032201.jpg

「オズの魔法使い」で一世を風靡したジュディ・ガーランドの自伝映画。
「オズの魔法使い」は子供の頃から知ってるし、DVDも持ってる。でもジュディ・ガーランドの事やこの映画が作られた時代の背景などは全然知らなかった。映画を見る前にクスリ漬けだったジュディの事を知ってしまい強い衝撃を受けました。あのキラキラした瞳はクスリをキメてイッちゃってる表情だったのか!と映画を観るのがちょっと怖くなっていました。

でも、映画を観たらものすごくオブラートに包んであってきれいに作られた映画でした。
もちろん、子役の時代から多くの制約の中で大人の都合に合わせて生きてきた苦悩は感じたし、それでもやっぱり観客と一体となる瞬間の感動を求めていて、舞台が好きなのだという事も分かった。だからこそ、もっと汚くてもリアルに描いて欲しかったなぁ、と思いました。

多分、ジュディの人生はもっと苛烈・・・

そんな中、映画の中に出てきたゲイのカップルとの一晩のシーンは素敵だった。解雇が決まってホテルでお茶をするシーンも好き。ケーキが最高に好みでした。感動の演出なのは理解できるけど、ラストのオーバー・ザ・レインボーはちゃんと歌わなくちゃいけなかったと思う。

2020/03/22(日) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/2795-c4e0fc0a
 |  HOME  |