FC2ブログ

月曜お昼のワインレッスン1回目/2020

今年初めてのワインレッスン。テーマはイタリアのピノ・ノワール(ピノ・ネロ)でした。

2020012002.jpg

ブルゴーニュの中心部と緯度が同じ北部の国境沿いの州であるトレンティーノ=アルト・アディジェ州で作られたワインを飲みました。イタリアのピノはブルゴーニュのピノの様に長期熟成させるタイプでは無いのでフレッシュで美味しく飲めました。
①と②はすごく似ていて、年代を見極めるのはすごく難しい。香りは①の方が華やかで②は控えめ。味は①は酸味、②は渋みが特徴でした。でも全体としてやっぱり似ている。

トレンティーノ=アルト・アディジェはオーストリアとイタリアの国境で、歴史的にオーストリア領だったことが長く、第一言語はドイツ語、第二言語がイタリア語で、ドイツ語圏の文化が色濃く残っている地域です。ワインのラベルにもドイツ語とイタリア語が併記されています。ヨーロッパではよくある話なのかもしれないけど、戦争の歴史を目の当たりにして複雑な気持ちになりました。

2020012003.jpg

ワインに合わせたのはカネーデルリという郷土料理のパン団子。やっぱりパスタではなくパンの文化なのだそう。

2020012001.jpg

2020012004.jpg

今回もランチはパスしてデザートのパンナコッタ金柑のコンポート添えをいただき、ちょっと早めに帰宅しました。

①DOCアルト・アディジェ ピノ・ノワール 2018 テルラン(右)
②DOCアルト・アディジェ リゼルヴァ ピノ・ノワール 2016 サン・ミケーレ・アッピアーノ(左)

2020/01/20(月) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/2767-ff490538
 |  HOME  |