FC2ブログ

蜜蜂と遠雷

mitubachi_poster1.jpg

本屋で文庫本を手に取った時から映画の公開を楽しみにしていました。
派手さはないけどじわじわと良い映画でした。

最初、いじけた松岡茉優が暗くて単調だなと思っていたんだけど、コンクールに本気で向き合う事を決めた後の目の輝きが違ってその表現のコントラストにさすがの演技力だなぁと感心してしまいました。新人の鈴鹿央士くんも無垢でありながらピアノに狂ってる感じがすごかったです。今後が楽しみ。
松坂桃李くんも切なかったし(「春と修羅」のカデンツァは一番好きだったかも)、森崎ウィンくんも良かった。コンクールの結果にも納得でした。

亜夜と塵が月の光を浴びながら連弾するドビュッシーの月の光が本当に美しくて。クラッシックて素敵だな、と思いました。

映画公開の直前にNHKでやっていたらららクラッシックの蜜蜂と遠雷特集がすごく良くて、映画を見る前と見た後と何度も見ています。映画のために壮大な「春と修羅」が作曲されたりすごく凝ってる作品。音楽がテーマの物語は映像が向いてるね。

続編の小説も読みたいな。(文字でもわかるかな?)

2019/10/17(木) | 映画・DVD・CD | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/2724-c6cebad6
 |  HOME  |