FC2ブログ

李香蘭

録画DVDで「李香蘭」を見ました。(名古屋まで遠征した訳ではありません)去年の夏から東京を皮切りに昭和三部作が連続上演されていますが、「李香蘭」は観ていません。

野村さんの調子が悪そうだと聞いていたのでがっかりしたくなかったし、沼尾さんが出てきたのは京都だったし。チケットもずっーと余っていたので観ようと思えば観れるだろうと思っていたのに東京千秋楽間際はさすがに取れず観ようと思った時には観れなかったのです。

そんな訳で秋劇場柿落とし公演以来の「李香蘭」をテレビ観賞。あの頃は四季の俳優さんなんて全然知らなくて覚えてるのは主役の野村さんくらい。多分、川島芳子は保坂さんだったのだと思うけど・・・全く記憶なし。

しかし、DVDで観た保坂さんの川島芳子は素晴らしかった!「アスペクツ・オブ・ラブ」や「マンマ・ミーア!」で観る保坂さんとはまたがらりと印象が違って、役にとってもはまってた。主役の香蘭より印象的だったかも・・・。実は香蘭についてはあまり感情移入できなくて。野村さん若いな、きれいだな、と思ったくらいでした。
そして、ベタかもしれないけど「若き戦士の辞世」でぐぐっ、ときて(このシーンは「異国の丘」の遺言にそっくり!)ラストの「以徳報怨」で涙腺決壊しました。それまではだらだらしながら観ていたのに後半は画面に集中。裁判長!!素晴らしい。ファントムの高井さんもこの役やられるんだよね。いつか観たいな~。

さすがに四季のレパートリー作品としてリニューアルをしつつ、長い年月上演され続けてきた作品なだけはある。輸入ミュージカルも素敵だけどオリジナル作品も捨てたもんじゃない、とは「夢から醒めた夢」以来思いました。

2006/05/03(水) | 四季-レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |