ランチワイン会 3/2017

2ケ月ぶりのワインレッスン。

今回は‘フランスの白ワイン’がテーマでした。

2017062805.jpg

右から
①AOCアルザス・リースリング アンドロ― 2014 / マルク・クライデンヴァイス
②プイィ・フュメ 2016 / パスカル・ジョリヴェ
③AOCムルソー 2014 / ルイ・ラトゥール
④AOCコンドリュー 2013 / E.ギガル

①のアルザスのリースリングはBIOのせいか色が濃くてリンゴの様な味がしました。誰かが炭酸の抜けたシードルみたいって言ってたけどそんな感じ。個性的でリースリングっぽくないな~と思ったけど時間が経つとペトロール香が出てきてやはりリースリングなんだ、と納得する感じ。こちらでは毎年、実際にワインを飲んだインスピレーションでエチケットの絵を書いてもらうのだそうです。2012年と2014年の絵柄があまりにも雰囲気が違うのでどれだけ味が違うのか興味があります。
②プイィ・フュメはソーヴィニヨン・ブラン100%でいかにも、という感じの花の香り。
③ムルソーはブルゴーニュのシャルドネ。上品な樽香で今回飲んだ中で1番、ダントツに美味しかった。安心、安定の味。
④コンドリューはヴィオニエ100%で金木犀の様な花の香りで中華的な印象。中華料理にも合いそう。メインのお肉のハニーマスタードの甘さやデザートにも合うと思いました。・・・でも、②と④のような花の香りの華やかなワインはちょっと苦手かなー

お料理は前菜はお魚色々、とうもろこしのリゾットに生ハム、メインは恋する豚のお肉でグラスの赤ワインを追加している方もいました。ひと口いただいたけど、その赤ワインも美味しかったな~
デザートは桃のコンポートとパンナコッタ、コーヒー。

2017062801.jpg
2017062802.jpg
2017062803.jpg
2017062804.jpg

2017/06/28(水) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/2376-13f75755
 |  HOME  |