2017.05.06ソワレ「春のめざめ」@KAAT大スタジオ

ソワレは志尊淳くん(実は意外と好き)主演の「春のめざめ」。劇団四季ではミュージカル版を上演していた原作のストーレートプレイ版。劇場は「オペラ座の怪人」の隣。これは行くしかないでしょー!!

大スタジオは体育館みたいな空間にパイプ椅子を並べたような作りで、ステージと近い、近い。着席して開演を待っているとあちこちの席にキャストと思しき人が黙って座っている。ちょっとミュージカル版のステージシートを思い出した。話の展開はミュージカルとほぼ一緒でベンドラと女の子の疑問戸惑いのシーンから始まって、男子の抑圧に対する反抗のようなシーン(ミュージカルでは‘Mama Who Bore Me’~‘The Bitch Of Living’辺り)までイメージが一緒かなと思って見ていました。

かなり生々しい舞台で、皆さん文字通り体当たりで演じていて・・・すごい!そのパワーを受け止めたいと思ったけど、話の内容は難しかったー。ミュージカル版はかなりロマンチックに脚色されているんだと改めて気が付きました。
モリッツの自殺は血まみれで相当気持ち悪いし、ベンドラとメルヒオールの関係には全く愛を感じない。最後は原作通りだったけどメルヒオールはモリッツの幽霊を切り捨て、生きる道を選ぶ。ドライな印象を持ちました。

久しぶりの「春のめざめ」だったので「そうそう、こんな話だった・・・」と思い出したらミュージカル版がどんどん溢れてきてYouTubeで過去の映像を検索しまくって再び春めざロスになってしまいました。

今回の舞台も評判良いみたいでチケットも完売しているそう。観ておいて良かった。

2017/05/08(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/2348-387a4ea4
 |  HOME  |