FC2ブログ

甘い!辛い!

皆様にご心配・応援していただいた中間試験が無事(?)に終了しました。開始前はちょっと緊張したけど始まってしまえばいつも通り。

DSCF0112.jpg
仕上がったら学校のマーク入りのお皿にレースペーパーを敷いて、形の良さそうなパリブレストを5個選んで所定の位置に置きます。お皿にのせた時の形は自由で、私は4個の上に1個重ねてみました。重ねたのは私1人でみんなはお花のように丸く置いていたみたい。それを先生方が試食して採点して、戻ってきておしまい。

<指摘事項>
・シューが気持ち小さい
・クリームの絞りが外に出すぎている
・クリームのキャラメル味が足りない

お昼休みにはみんなでそれぞれのパリブレストを食べ比べ。キャラメルの焦がし具合でクリームの味が本当に違う。焦がしすぎると酸化して牛乳を入れたときに分離しちゃうし、その加減がなかなか難しい。でもけっこう焦がした方がやっぱりおいしいと思う。後はクリームに入れるバターを軽くしたくて空気を沢山含ませたのだけど、軽くなる分味も薄くなるという事。キャラメルの味が薄く感じられたのはそれも原因の一つだと思われる。

この学校では「空気を入れてふんわりさせる」手法はあまり好きではないみたい。フランス人は素材の味そのものがしっかり残っている方が好きなんですって。コーヒーは苦く、バターは重くって。ちょっと今までの考え方を変えようと思います。

家で練習したおかけで手順はばっちり、落ち着いて作業が出来ました。
でも、連日のバター、砂糖、卵・・・高カロリーで甘くてくどいものばっかり。さすがの私ももういらないっ。

夜はお料理教室のお友達とご飯。先日あっさり玉砕した代々木上原の「飄香」へ行きました。choryongちゃんが予約を入れてくれて、食いしん坊5人が集合。普段火曜日は学校のノートをまとめなくちゃいけないし、余裕がないのでまっすぐ帰る事にしているのだけど今日は特別。試験も終わったし、明日も今日の延長でシューだしなんとかなる!と思って。

結果、本当に行って良かった。みんなと集まるといつも楽しいのはもちろんだけど、このお店本当に美味しかったのです。『old四川が漂い香る』というお店のコンセプト通り辛~い四川料理をひぃーひぃー言いながら食べました。汗をかきつつ、デトックス効果があるかも~!なんて。(あるかな?)ジェットコースターの様にクセになる味のお料理でした。もちろん青梗菜のあっさり煮とかほっとするような味のお料理も取り混ぜつつ食べたのだけど、とにかくスペアリブ!麻婆豆腐!のインパクトが強くて印象的。ところどころに使われているピーナッツも気に入りました。スペアリブの香辛料をごはんにかけて食べたらおいしいだろうね、と半ライスも追加オーダー。これがどんぴしゃで合う。ご飯も合うけどビールも進む。大満足です。本場の坦坦麺も汁無し太麺で珍しく思いました。もう食べれないよ~と思いつつも食べたデザートのアンニン豆腐でお口もおなかもすっきり、さっぱり。

ここのスペアリブを食べにまた行く。絶対。

DSCF0148s.jpg DSCF0156s.jpg

DSCF0154s.jpg DSCF0161s.jpg

DSCF0167s.jpg DSCF0190s.jpg


<食べたもの一覧>
・黄にらとエビのスティツク春巻き
・タラの芽とピータンの白和え
・甘い四川料理 もち米・小豆入り豚バラ蒸し
・干し貝柱入り青梗菜のあっさり煮
・悪大王のスペアリブ
・本場四川の麻婆豆腐
・半ライス
・発祥の地成都の坦坦麺
・2種類の「生の杏仁の実」を使用したぜいたくな香りのアンニン豆腐

2006/05/23(火) | お稽古 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |