覚書⑤

ワインの資格取得講座5回目。
最後に残った「ワインの購入、管理、提案、販売」~「ソムリエの職責とサービス実技」「日本酒」。これでほぼ全部テキストの座学終了。ソムリエとエキスパートで試験範囲が変わる部分だからエキスパート受験の私としてはなんとなく損した気分の内容だったかな・・・。「公衆衛生と食品衛生」は過去問で確認する程度でスルー。だ、大丈夫か?!

テイスティングの前にフレッシュのパッションフルーツを先生が出して下さいました。これは何の香りに似てる?って。‘ソーヴィニヨン・ブラン!’はい、正解。偶然、前日にパッションフルーツを食べていてなんかパッションフルーツに、否、ソーヴィニヨン・ブランに縁というか繋がりというか・・・を感じました。ソーヴィニヨン・ブランは落とさず正解したいところ。

2016071007.jpg

テイスティングは白からフランスのミュスカデ、フランスのリースリング、ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブラン、ボルドー(グラーヴ)のソーヴィニヨン・ブラン(+セミヨンのブレンド)

2016071001.jpg
2016071002.jpg

赤はフランスのガメイ、アメリカのピノ・ノワール、オーストラリアのシラーズ、チリのメルロー。

2016071003.jpg
2016071004.jpg

メルローとシラーズの区別つかず・・・。

さて、基本のテイスティング8種類の後、チーズとヴァン・ジョーヌのシャトーシャロン。

2016071005.jpg

ヴァン・ジョーヌ、初めて飲んだけど意外と美味しい!!

2016071006.jpg

さらにアニス系リキュールのぺルノーとサンブーカを。こっちはきっつくてうえーってなっちゃいました。(ストーレートだしね・・・)

でも、盛りだくさんの内容で楽しかったです。

2016/07/10(日) | ワイン | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/2196-932915f9
 |  HOME  |