FC2ブログ

ミゼラブル

試験の影に隠れて忘れ去られた最後の実習。ちゃんと授業があったんですよね、そういえば。記録なのでさかのぼって残します。

実習で作ったのは「ミゼラブル」というケーキ。試験の前日に‘ミゼラブル’だなんて縁起でもないって感じだけど・・・(笑)どういうケーキかというとダコワーズを大きく焼いて間にバタークリームを挟んだものです。このバタークリームがケーキの名前の由来だと思われるのですが、普通は牛乳を使うところなんとお水で作るんです。水で作る=ミルクも買えない状況=ミゼラブルって事らしい。ちょっと面白い。

でも、この水で作るクリーム案外美味しいです。普通のバタークリームよりさっぱりしていて卵とバターの味がよりストレートに出ている感じがします。ダコワーズ生地もさっくり軽くてふんわりしておいしいし、シンプルだけど目先が変ってたまに食べたくなりそうなお菓子。でも、いかんせん、バタークリームですから沢山は要りません。ちょこっと食べて美味しいって感じですね。すごい量の卵白を一番大きなボールで泡立てる作業はかなりしんどかったです・・・。

miserable2s.jpg

この間自由が丘へ行った時に「パリ・セヴェイユ」へ行きました。コルドンの先生方も口を揃えてこちらの金子シェフの腕を褒めたたたえるので気になっていたお店です。自由が丘だったら「モンサンクレール」より駅から近いし、今は断然こちらがお勧め!このお店でなんと新作として‘ミゼラブル’を売っていました。習ったばかりのお菓子を見つけてちょっと嬉しい。観察したところ(買っていない)装飾はさすがに洗練されて豪華できれいに仕上がっていたけど基本は同じ。ダコワーズ生地にバタークリームのケーキでした。こうやってアレンジしていくのね~と大変勉強になった一品です。今度は買います。

最後の先生のデモはクロワッサン生地を使ったお菓子パンあれこれ。
クロワッサン、クロワッサン・オン・ザマンド、パン・オ・ショコラ、パン・オ・レザン、クーク・アブリコ。全部大好きなパンばっかり!!焼きたてのアツアツを試食。激ウマでした!難しそうだけど、家でも作ってみようかなぁ。クロワッサン焼けたら感激だよね。

2006/06/13(火) | お稽古 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |