FC2ブログ

プチフールあれこれ

いよいよ中級コースが始まりました。

横浜校の閉鎖に伴い中級コースは基礎以上に大人数。キッチンにはマックスの生徒数が詰め込まれています。天井も低くて通路も狭いのに正直なところ、勘弁してって感じ。
デモンストレーション担当のシェフも変わり今度はフランス人シェフです。授業はフランス語で行われ、通訳がつきます。シェフと会話しているというより通訳さんと話している感じ。微妙なニュアンスとか伝わらないし、フランス人特有(?)のアバウトな感じで私は今までの日本人の先生の方が好き。そうは言っても早く慣れなくちゃいけないのだけど。。。

入学時のオリエンテーションで、「以前習ったことは忘れて、ここのやり方を覚えて下さい」と言われました。それはすごく納得していて素直な気持ちで授業に臨んでいるつもり。でもね、ここの基礎で習ったことと違うことを言われて「やり方は人それぞれ違うから自分の好きな通りにやればいい」と言われても何かしっくりこないんです。まだ生徒だし、そこまでの判断ができるほどのレベルには到底到達していないと思うのだけど・・・中級ってそんな高度なレベルを求められるの?!なんだかなぁ・・・。例えばサブレ生地をマーブル台で作ろうがボールの中で作ろうがそういう違いをとやかく言うつもりはない。好きに作れば良いと思うよ。でももっと根本的なところで違う事を言われちゃうと疑問いっぱい。学校としてそれってどうなの?!

おっと、初回から愚痴満載になってしまった。

さて、プラティック。
初回~2回はまさに怒涛の復習コース。フィユタージュ以外の基礎で習った全てのパートを使うのでは?と思うようなプチフール作り。一つ一つの作業は簡単でも一度に4品も作ったりするのですごーく時間がかかるしとてもバタバタしました。

今週作ったのは「プチフールサレ」=ひと口小菓子の乾いたもの、つまりクッキーの仲間たちです。

・ダミエ(格子模様のクッキー)
 頭が悪くて説明を聞いただけでは白黒の配置がイメージ出来ず。
 実物を組み立ててみてやっと理解できました。
・グリオットとピスタチオのカップケーキ
 これ美味しい!ピスタチオペースト買ってきて家でも作ろう!
・オレンジマジパン
 何これ?って思ったのだけど・・・自分で作ってみたら案外おいしかった。
 絞りが下手で思っていた形にならなかったのが大問題。
・アーモンドのチュイール
 形を付けるグチエールがキッチンに3台しかない。(生徒は14人)
 すごい時間がかかるのでこれくらいオーブンの数だけ用意して!

         DSCF1846.jpg

なんとか完成しました。シルバーのトレーに載せたいところだけど並べたのは鉄板の上・・・なかなかそれっぽいので良しという事で。

来週の実習は「プチフールフレ」=ひと口生菓子をあれこれ作ります。

2006/06/27(火) | お稽古 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |