船に乗れ!

船に乗れ! Ⅰ (ポプラ文庫ピュアフル)船に乗れ! Ⅰ (ポプラ文庫ピュアフル)
(2011/03/04)
藤谷治

商品詳細を見る


去年の冬に公演していた「交響劇・船に乗れ!」。興味はあったもののスルーしてしまった作品。劇場で特別装丁の文庫Ⅰ~Ⅲ巻をお友達に買っておいてもらいました。9月に受け取って、やっと今頃読み終わりました。

ものすごく面白い作品でした。

今年読んだ本の中でダントツの1番!!

予備知識の音楽とタイトルの船が繋がらなくて、なかなかページを開かなかったのだけど読み始めたらぐんぐん引き付けられてすっかりはまってしまいました。(タイトルの意味も3巻まで読むとわかる。)音楽と哲学と人生の話。多分、この年になって読んだから面白かったのだと思う。こんなにほろ苦く切ない気持ちになって、それでもさわやかな読了感があって、記憶に残る良い作品。

これ、原作を読んだ後だったら絶対に舞台を観に行っていたのに。残念。

2014/11/19(水) | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1878-9cb2f443
 |  HOME  |