FC2ブログ

8/8(火)続編~キャッツソワレ~

恵比寿で友達と別れ大崎へ移動。はい、猫屋敷でございます。
普段は五反田から行くのだけど今日は「ポケモンスタンプラリー」でピカチュウスタンプを押す為大崎から。(←本当に馬鹿)それも16:00までに行かないと終わってしまう。ソワレまでの2時間半、どうやって時間を潰そう?!と思っていたところへ偶然同日観劇のTさんからメールが!同じくらいの時間に大崎に来てくれるという有り難いお申し出。改札で待ち合わせをしてマックでおしゃべり。すっごい楽しかった!!とっても支離滅裂な話ばかりになってしまってごめんなさい。これに懲りずまたお付き合い下さいね。

さて「キャッツ」ですが・・・涼太さんがいなくなってからすっかり足が遠のいていました。1ケ月以上ぶり。なんだか春にデビューしたみなさん、すっごく上手になっていませんか?!感動!!休み明けの最初の公演日って役者さんもパワーに溢れていてすごくまとまりを感じます。良いですね~。涼太さんがいないと心も平和にゆったりした気分で舞台を楽しめるし、あちこち見れて面白いわー。

でも大好評の小林オールドデュトロノミーが見れなかったのは返す返すも残念無念。今日は種井デュトを見ながらも小林さんに脳内変換を試みたけどそれは無理。だって見た事ないんだもん。また近いうちに戻って来て下さいね~。

今週のうちわプレゼントはこれでございます。

DSCF2586.jpg


やっぱり先週の厚紙に穴が開いただけの猫目ウチワじゃなくて良かった。キャラクターかわいいじゃん!(先週行かなかった事への負け惜しみ)

キャストつれづれ

●種井オールドデュトロノミー
小林さんを見るつもりで見ていたら「猫からのご挨拶」ではけっこう身振り手振り大きく訴えかけるように歌っていました。前からそうだったっけ?勝手に小林デュトの影響かしら?なんて思ったり。デュト様って意外とちゃんと見た事がなかったと気づいて反省。朗々とした歌声はさすがです。

●田島アスパラガス
ミストマジックの手拍子の時がんがんに歌いながら手をたたいてあの細い2階の通路を走り抜けていくのがすごい。帰りも同じパワーなのがまたまたすごい。

●福井ラム・タム・タガー
久しぶりの福井タガー。存在感、安定感あるタガーですね!声も素敵~。タガーナンバーのアレンジは芝さん以上?!まさか音を外したわけじゃないよね?アレンジ・・・ですよね?!(ちょっと微妙・・・笑)タガー〆のラスト、福井さんも投げキッスなんだ。田邉さんバージョンなんだと思ってた。福井さんも悩殺ですね。

●松島ミストフェリーズ
大きいです!目立ちます!すごい堂々としていてマジック成功の後も「オレがやったぜ!」って感じ。ここはツァイさんの方がじーんと切ないかもね。ところで、前からごろんって前転なんてやってましたっけ?宙返りを見すぎてしまったのかしら・・・?ごろん?ごろん?ごろん。。。

●百々マンゴジェリー
タイガークリューの時、タイガーに殴られた時の痛がり方や怖がり方が本当に面白い。ランペを背中に乗せる時、息を止めて耐えていませんでしたか?

●李スキンブルシャンクス
ネーミング席でした。ちょっとだけにらめっこできた!美しぃ~
ダンスは完璧以上、歌もそれなり、李さんのスキンブルとしてのキャラも見事に確立されて器用ですごいなーと本当に思う。ナンバーのスローで聞かせるところ「さぁ、終着駅だ~」の前「光に満ちた新しい朝」で帽子とベストをちゃんと整える、その姿勢に心を打たれます。でも、優等生すぎて隙が無くて観てるだけでこちらが笑顔になってしまうような愛くるしさはないのですね~。結論、やっぱりスキンブルは涼・・・以下自粛。

●牛コリコパット
相変わらず細くて白くて美しいですね~ほれぼれ。握手の時は持ち場以外ではあまりにも早く走り抜けてしまうのが寂しいです。戻るのも早いよ!三宅ランパスはあまり牛コリコのお世話は焼いてくれないみたい。ヴィクトリアとのペアダンス、本当に美しくてため息ものです。年上彼女と彼女が自慢でかつ背伸びしてる年下カレシって感じ?!

●三宅ランパスキャット
小顔のせいか身体が大きく感じました。赤瀬マキャビティと同じスタイル。タガーナンバーでは「ごむぅ~」に合わせて足をびよ~んと上げていたのがかわいかったです。偽デュトにディミが飛び掛って毛皮を剥いで上手に消えていく時、ディミの行く手を遮っていましたね!そこは邪魔ですよ~

●村瀬タンブルブルータス
握手していただきました。丁寧だし笑顔で良いですね!2列目3列目からも握手をせがまれて応じていました。JGの人ともハイタッチしてたし。良い人だ~。牛くんもこのくらい頑張って欲しいよ~

●遠山ジェリーロラム
すごく上手になったと思う。美のオーラも出てきた!でも、「待ってました、ガ↑ス」の「ガ」お願いだから出して下さい。

●南シラバブ
タイヤの上で踊るジェリクルソング、グリザにそっくりでした。
磯谷ランペとはとっても仲良さそうで微笑ましかったです。

●松下ボンバルリーナ
タントをリフトしているのが松下ボンバルかと思ってびっくりしたらギルでした。

●金井ヴィクトリア
すごくスタイル良くてきれいで見ていてほれぼれ。同姓としても憧れてしまう。かなり好きだという事を認識しました。

<五反田・18回目>

2006/08/09(水) | 四季-レポ | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |