FC2ブログ

2013.05.30「南十字星」

IMG_2002.jpg

昭和の歴史三部作をだんなさんに見せたくて第一弾の「南十字星」へ行ってきました。この日はリハ見もあって劇場に入ると張りつめた空気の中でオランダ人収容所のシーンを練習していました。阿久津さんが丁寧な言葉遣いで指導していたのが印象的でした。

本編も久しぶりに見たけど地味ながら良い作品だなぁ~と思いました。アンサンブルも熱く迫力が有って四季らしく素晴らしいと思いました。ただ、全体的に音楽やダンス、セリフが多くてストレートプレイを見ているみたいな印象。そんな中で保科の歌う‘祖国’にはじーーーんときて、これを聞けただけでもこの作品を見た価値があると思ったくらいとても良かったです。

が、

だんなさんは島村中将が処刑に向かった後、いきなり歌い出すなんて!と言っていたので私とは全く相いれない感想でした。(がっくり)昭和の歴史を題材にしたミュージカルに対して私が期待した様な反応は無く・・・三部作も「南十字星」を見ただけで終わりそう。本当に残念。(「李香蘭」から上演してくれればまた違ったと思うんだけどなぁ。)

史実とフィクションが混ざっている事はわかっているんだけど、どこまでが本当なのか?フィクションの部分を真実だと思ってしまう事が怖いのだそうです。

でもね、やっぱり四季がこうやって昭和の歴史三部作を上演する意義はあると思うのです。

お昼は15:00位という中途半端な時間に乗り換えの東京駅で「六厘舎」のつけめん。

IMG_1999.jpg

やっぱり‘つけめん’の存在意味がわからない。

2013/05/30(木) | 四季-レポ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1587-ee632a73
 |  HOME  |