FC2ブログ

フレジエ

今日の授業は「フレジエ」です。
アーモンドパウダー入りのスポンジの間にクレーム・ムースリーヌとイチゴを沢山(2パック)挟みマジパンを載せてイチゴと文字書きで飾ったもの。フランス版ショートケーキと言われたりしています。お店で売っているようなケーキが作れてしまうことにまたまた感動~。道具と環境さえ揃っていれば案外面倒ではないお菓子作り。それが揃わないから自宅だと難しいんですよね・・・。オーブンとか冷蔵庫のスペースとか・・・ありとあらゆる型とか様々なリキュールとか・・・家では限界があります。

さて、今週は担当のDシェフは夏休みで不在です。6月に日本に来たばかりのPシェフが今週は担当をしてくれています。まだ日本語は全く喋れないし、冗談も言わずに淡々とした授業なのだけど、ケーキのデコレーションは本当に上手できれい。デモでは感嘆の声と拍手まで出たほど。照れながら笑った感じがキュートです。私はずっとPシェフでもいいや、と思ったくらい。

そんな訳でシェフが作った「フレジエ」2パターンはとっ~てもきれいだったのだけど、私には絶対できる訳ないとわかっていたので出来る範囲で頑張りました。「フレジエ」の文字書きは昨日の「オペラ」とは(私的には)雲泥の差だったのですが、シェフの採点はかなり辛口でした。

今回の実習でついてくれた先生はまた初めて習うHシェフ。関西弁ばりばりで豪快なイメージの方なので実習中も面白いことを言ってくれるのかと思ったら・・・すっごく真面目な先生で緊張で張り詰めた空気が流れる実習になりました。採点のコメントも厳しくて厳しくて、かなり凹みぎみ。自分としてはまぁまぁの出来だと思っていただけに尚更でした。が~~~ん。
厳しかったけど、自分のためだし、これがあるべき授業の姿かも。文字書きもっともっと要練習・・・。

DSCF2956.jpg

2006/08/23(水) | お稽古 | トラックバック(-) | コメント(-)

 |  HOME  |