イニシエーション・ラブ

イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)イニシエーション・ラブ (ミステリー・リーグ)
(2004/03)
乾 くるみ

商品詳細を見る


読売新聞の書評で興味を持ち図書館で借りてきました。(最近図書館を活用!)
ただの青春小説かと思わせて・・・しっかりミステリーでした。人が死ぬとかそういうたぐいではないけど、後からじわじわと怖いっていうか。女は怖いっていうか。

書評によると『最後の2行目でどんでん返し、さすが理系作家のち密な計算』・・・ん?どこが?と正直思いました。(わかっていない)

最後2行目・・・じっと見てると違和感があり、最初に戻る。そこで見つけた‘答え’。

おかしい・・・どういう事?

そして考え始める。

そこからこの物語は始まると言っても過言ではない。

そういう意味ではなーるほど!と膝を叩きたくなるくらい良く出来ている。(好きか嫌いかは別として)

でも、ちょっとズルイなぁとも思う。引っ掛けよう、引っ掛けようってのがアリアリで。実際作者の思うつぼにしっかりハマって騙されたわけだし、面白かったけど。

2012/08/26(日) | 読書 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1443-01d05271
 |  HOME  |