2012年夏のスリル・ミー

2012年7月28日19:00~「スリル・ミー」ジェウン×ムヨルペア
2012年7月29日12:00~「スリル・ミー」松下×柿澤ペア

1年足らずで3回も再演されるほど人気のミュージカル「スリル・ミー」。今回はオリジナルキャストの田代×新納ペア、松下×柿澤ペアに新キャストの良知×小西ペア、韓国公演での伝説のペアと言われるチェ・ジェウン×キム・ムヨルペアが来日参加して全4ペアでの公演。全部の組合せを見れたら良かったのだけど日程の都合上韓国ペアと松下×柿澤ペアを拝見しました。

最初に韓国ペアを観てしまったので疲れ方が半端なかった・・・。やっぱり無理してもこの前に他の日本人ペアを(出来れば未見の良知×小西ペア希望)を観ておけばよかった。内容は知っているものの、韓国語の字幕を追いかけながら目の前で繰り広げられる熱い戦いを観るのはかなりきつい。言葉はわからないけど、さすが韓国の伝説のペアと言われるだけあって2人のやり取りの‘間’が絶妙。もう職人って感じ。そんな2人を煽るように熱いピアノも韓国気質なのか、これがまたすごく良かった!。韓国公演は演出がまた違うのだろうからそれも観てみたくなりました。

銀河劇場は羽田空港からも近いし、週末に韓国ペアの公演が2回も入っていたし、韓国からの来日観劇とみられるお客様も沢山来ていました。私も「Spring Awakening」を観に韓国まで行ったな~どこの国の人も同じなんだなぁ~とちょっと嬉しかった。韓国から来た人も日本人ペアの「スリル・ミー」を観てくれたかな?

翌日再び銀河劇場へ。この回は松下×柿澤ペアの楽、東京公演の前楽でした。
去年観た松下×柿澤ペアと比べて良い方向にぐっと変わっていました。松下くんの34年を行き来する演技力は本当にさすがとしか言いようがないし、歌もすごく上手になっていた。柿澤くんは大人びた雰囲気が板について二人ともすごく‘しっくり’感じました。やはり日本語だと舞台に集中できて良いな。

広い銀河劇場ではアトリエフォンティーヌの濃密な雰囲気が出せず、「スリル・ミー」の世界観が変わってしまうのでないかと心配だったけど、その心配は全く杞憂に終わりました。銀河劇場では照明の迫力が増してそれも良かった。

つらつら考えていたのは‘彼’の家族の事。彼が一番欲しかったのは父親の愛(彼に対する関心)だったのだと思う。弟を溺愛し、彼を認めない父親・・・なんでそうなっちゃったんだろう?対する‘私’は父親に愛されている。‘彼’は‘私’に対しても複雑な思いを持っていたんだろうな。家族に愛されているレイ(私)には嫉妬心を覚えたかもしれないし、自分を一途に慕ってくるレイには家庭で得られない愛を感じられる。なんてったって「お前がいなきゃ、ダメなんだ・・・」だもんね。それでも満たされない‘彼’の思い。そんな気持ちが彼の行動の基盤にあるのだと思う。

‘私’に対して優位に立っていると思っていた‘彼’の立場が、最後のレイの告白で逆転する。終始一貫して‘私’の望みは「彼と一緒にいること」。判決により99年一緒にいられると思ったのもつかの間、‘彼’はあっさり死んでしまう。もしかすると‘私’ほど‘彼’は愛していなかったのかも。ここでまた立場が変わる。気持ちに勝ち負けはないけど、この立場がくるくる変わるところもスリリングで本当に引き込まれる。松下くんは逮捕されてからの語りが特に好き。

2013年3月に再再再演が決定したそう。キャスト気になる~

土曜日は時間があったので、早めに銀河劇場に到着しスリル・ミーカフェ@トラベルカフェでご飯。「‘彼’の赤パスタ 鶏ひき肉となすとチーズのトマトソース」をいただきました。

IMG_3860.jpgIMG_3858.jpg

続いて開場と同時に劇場入りし、スリル・ミーBAR@STRA DE ROUGE(劇場内カフェバー)でオリジナルコラボカクテルを。

IMG_3863.jpg

全員分のカクテルとソフトドリンクがあるので悩ましいのだけど、その日の出演者のアルコールに決めました。

IMG_3861.jpg

ジェウンさんのカクテルをチョイス。柚子風味のシトラスビールです。

翌日は開演前に時間が無かったので終演後にささっと・・・昼間なのでソフトドリンクです。甘ーい。

IMG_3864.jpg

松下くんのソフトドリンクを選択。パッションフルーツとレモンのフルーツカルピスです。正式名は「僕レオポルド!~君のキスはレモン味~2012夏」だって!ながっ。

レイは「ネイサン・レオポルド」という名前だそうなので・・・呼び名は苗字?!だったのか。

2012/07/30(月) | 東宝・その他 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://4lc.blog96.fc2.com/tb.php/1431-8f66cc9f
 |  HOME  |